【小説】新堂冬樹 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】展開が最高に気持ちいいロマンノワール!―『闇の貴族』

投稿日:2021年2月24日 更新日:

 

「闇の貴族」ってタイトルが好き。(厨二

 

闇の貴族

闇世界の支配者となるべく策を巡らせ金と暴力で敵を食い尽くして、のし上がっていく加賀篤。

だが大金と権力を手中に収めたとき、すでに悲劇と崩壊は始まっていた。

この世界を支配する真の貴族とは誰だ!?

by Amazon

いや~、おもしろい!(´∀`*)

新堂冬樹さん全力のロマンノワールです!

 

さくっと見どころをレビューします!

 

もうなんともならないです(´・ω・`)

金融系の暗黒小説と言えば、やっぱりこれでしょう。

ギャンブルにハマって借金地獄になったアホがおもしろい1冊です。性格悪いな!(´∀`*)

 

もうね、本当に救いようがないんですよ。

この記事書いてる時もニヤニヤしながら書いてますが。笑

 

なんでそんなにお金にルーズになれるのか私にはよく理解できませんが、そこは十人十色。

いろんな方がいらっしゃいますからねえ。

 

そんな借金漬けでなんともならなくなったアホをさらに地獄に突き落とす、この金融業者のみなさん。

鬼畜ですなあ!(´∀`*)

 

そのアホ()の債務を皮切りに、ヤクザや右翼、マフィアや政治家が絡んできて「ザ・暗黒小説!」な展開になっていくのです!

 

ド変態&グロ

これも、なかなか刺激的で良いですね!。

ド変態&グロな描写のオンパレードです。

 

本当にね、「社会の闇!」って感じですよ。

殺人や暴力は当たり前、SMからゲイから獣姦まで物語の展開に差し込まれる描写が実にド変態です。

 

やっぱり、この辺の描写がいいスパイスになって、物語を加速させてくれますよね~。

そのおかげで、敵に捕まった時のハラハラ感がえぐいのです。笑

 

私ほどの初老男性にもなってくると、たいがいの刺激には飽きてますから。

殺されるだけではもはや満足できない体になってしまってるんですよ。(サイコパス

 

スピーディーな展開!

そしてやっぱり、なんといってもストーリーがおもしろいんですよね~!

まさかの展開の連続が、ページをめくる手を加速させてくれます。

 

これぞ、ロマンノワールの醍醐味!

物語の中にしれっと潜むミステリー要素がたまらない!

 

最後はもちろん、真相が解き明かされるたびに「Σ(゚Д゚;エーッ!」の連続ですよ。

ここからの展開がやっぱり最高に気持ちいい!

 

もはや、この物語が一気に加速する後半戦の気持ち良さを味わうために、ロマンノワールを読んでるようなもの。

今作も、期待以上でございました!

 

まとめ

読み始めたら止まらなくなったロマンノワールです。

最初のツカミから中盤の謎、そして後半の手に汗握る展開と、まさに私の大好物ど真ん中な作品でございました!

 

内容もかなりドロドロしてますが、「ドロッドロの黒!」と言うよりかはハードボイルド系のキャラが特に際立ってるので、「鋭く光沢のあるメタリックブラック」みたいなイメージですかね。

ちょっと自分でも何言ってるのか解りませんが。(

まさに、「闇の貴族」の物語です。

 

おもしろかったです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】新堂冬樹, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。