さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】暗くて深い森の中を歩いているような気分になってくる物語―『ペインレス』

投稿日:

 

すごい世界観。

 

ペインレス

医師、野宮万浬。
誰もが目を奪われるほどの美しさ、明晰な頭脳。
彼女は心に痛みを感じない。

貴井森悟、将来を嘱望された、企業戦士。
海外赴任先の爆弾テロが彼の人生を変えた。
彼は身体に痛みを感じない。

敗戦後の闇から生まれた≪美貌の怪物≫藤都亜黎。
彼に、翻弄されたひと組の男女──。

痛みとは生きることそのものではないのか。
壮大なミステリは、小説史に残る、衝撃のクライマックスを迎える。

by Amazon

はい、来ました。

中学二年生になった時、誰もが憧れる「痛みを感じない体質」。(偏見

あの感動を、今!(?)

 

さくっと見どころをレビューします!

 

深森の、そのまた奥へ

もうね、この作品の見どころはなんと言ってもこれ。

世界観。

むっちゃくちゃ引き込まれます。

 

正直、もうストーリーなんてどうでもいいんですよ。←

 

ふと気付いたら、深くて暗い森の中に迷い込んでしまった…。

なんか、エライところに来てしまったな…(; ・`д・´)

そんな気分になりながら楽しめる1冊ですね。

 

「心に痛みを感じない」「体に痛みを感じない」って、中二漫画やアニメにそんなキャラ出て来ると興奮するじゃないですかあ。

うわむちゃくちゃカッコイイつってね。

 

たいがい、そういったキャラが出て来るのはバトルものですが、今作はサスペンス。

「痛みを感じない」という分野を、大人向けに、かなり奥深く追及されてる!って印象です。

これが、また未知の世界観を醸し出してるんですよね~!

 

なんか本当に、「痛みを感じないってこんな世界なんだなあ」って感じです。

 

なので、「痛みを感じない」という世界観からか、描写もかなり冷たく、じめっとしてるので、梅雨時期に読むといいんじゃないかなあ。知らんけど

 

脳科学、神経学好きにおすすめ

そしてコレ。

脳科学や神経学に興味のある人にはたまらない話が満載です。

 

本作は「痛み」に焦点を当てた医学恋愛サスペンスミステリーですから。(全部詰め込むな

その辺の話がわんさか出て来るのも、私にはたまらなくおもしろかったですね~!

 

「どこがどうなってどうなってるの!?」つってね。

人体こそ本当のミステリー!な部分ってあるじゃないですか。

 

「脳科学」なんてまさに、未だ解明されていない、未知の領域です。

「感情」と「脳」はどう繋がっているのか?なんて話はもう大好物でございましたよ!

 

謎のエロさ

そしてこれですよ。紳士諸君。

本作品には謎のエロさがあるよ!良かったな!(´∀`*)

 

しかし、ただ「エロい」だけじゃなく、「謎のエロさ」ってのがポイントなんですよ。

 

主人公は心に痛みを感じない美人の女医さんですから。

そらもうね。いろいろな実験をするわけじゃないですか。

自分自身の体を使ってね。ふふふ。

 

自分や相手は、どうしたら、どうやって痛みを感じるのか。

そしてそれは、「愛」に繋がるのか。

そんな「心の感情の変化」を、セックスを通して実験していくわけですよ。

先生、次はぜひわたくしめを実験台n

 

ということで、あれこれ実験する描写が出て来るわけですが、そのベッドシーンにもいわゆる「色気」みたいなものはなく、なにか異様な雰囲気があるんですよね。

ここが謎のエロさを醸し出しているのです!

 

なので、「S側の目線」って言うんですかね。

頭の中で分析しながら実験して反応を試していく…という、私と同じ性癖のお持ちの方()は感情移入がしやすいので、読んでておもしろいと思いますよ。

 

ええ。ですから先生。次はわたk

 

まとめ

エロい女医さんの物語です。(だいぶ湾曲したな

なんか本当に、不思議な作品でしたね~!

 

本当に、ストーリーに引き込まれた!って感じではなく、世界観にどっぷりハマった!って感じですね。

こんな作品は今まで見たことなかったので、斬新でおもしろかったです。

 

暗くて深い森の中に迷い込んで「エライとこに来てしまった…( ´゚д゚`)」と思ってみたい方は、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。