さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】ハラハラするスリルを味わいたい人に―『11月に去りし者』

投稿日:

 

これはなかなか。

 

11月に去りし者

1963年11月、ニューオーリンズ。暗黒街で生きる男ギドリーは、ケネディ大統領暗殺の報に嫌な予感を覚える。

数日前に依頼された仕事はこの暗殺絡みに違いない。ならば次に死ぬのは自分だ、と。

仇敵を頼って西へ向かう道中、夫から逃れてきた訳ありの母娘と出会ったギドリーは家族連れを装いともに旅するようになる。だが組織が放った殺し屋はすぐそこに迫っていた―

by Amazon

良いですね~!

ザ・海外ノベルズ!って感じの1冊です。

 

さくっと見どころをレビューします!

 

追う者と追われる者のスリル

あらすじから解るとおり、メインはこれ。

追う者と追われる者のハラハラするスリルが楽しめます。

 

これぞ「海外!」って感じですね。

ダイレクトにスリルを味わってくれ!って思いがひしひしと伝わって来ます。笑

 

日本の「追う者と追われる者」的な作品って、やっぱりどこかひねってたり、一味加えたものが多いですから。

 

それももちろん日本の「味」なのですが、そればっかりだと逆にね。

「もうそーゆーのはええねん( ´゚д゚`)」ってなりますから。

 

そんな中、ここまでストレートにエンターテイメントと向き合った作品に出会うと、逆に新鮮ですよね。

 

恋愛要素

そして、これ。

夫から逃げてきたワケありの女性との恋。

これがまた、「大人」なんですよね~!

 

殺し屋が迫っている中、最初はその女性を利用する予定だったのですが…

あれやこれやという内にガチな恋におちてしまうのです!

えっちなやつらだ!(´∀`*)

 

追われるスリルの中にもこんな要素があると、物語のいいスパイスになりますよね。

2人の恋がどうなるのかも、見どころです。

 

ちょっとだけ言うと、なんとも言えない気持ちになります。←

 

頭良さげ

これが凄いなと思ったところ。

追う者と追われる者の頭脳戦が凄いです。

 

逃げる方も先を読みながら上手く身を隠して逃げるのですが、追う方も勘の鋭いお方で。

「そんなん気付くか普通?」ってレベルのささいな違和感をもとに、逃亡者を追い詰めて行くのです!

 

まあ、フィクションだから出来ることだけども。(それを言うな

やっぱり、こんな頭脳の攻防戦は見ててハラハラしますよね。

 

まとめ

いい物語です。さくっと言っちゃうと。

最後は予想の斜め上を行く結末ですし、エピソードもどこかほっこりしますね。

 

ただ、読むのにちょっとコツが要るかもしれない。

 

海外ノベルズあるあるですが、ちょっとミステリアスな空気のまま物語が進んで行くので、「どゆこと?」ってなる部分が多いかもしれない。

読み慣れてる人ならすぐに理解できる範囲ですが、最初はちょっと戸惑うかも。

 

それでも、物語の内容がきちんと理解できてれば、かなりスリリングな頭脳戦が見られる作品となっております。

 

ミステリーやサスペンスが売りと言うより、なんかほんとに全体的に「いい物語やな~」って感じですね。

おもしろかったです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。