さくっと「ノンフィクション・歴史」

【医学】笑いごとじゃないけど笑えて来るウイルスの話―『スピルオーバー』

投稿日:

 

生態系ってほんとすげえ。

 

スピルオーバー

エイズ、マラリア、SARS、エボラ……。いずれも感染は、野生動物と人間の接触によって起こっている。ウイルスの宿主は、野生動物の中にいる。人間がこれらの動物を狩ったり、伐採や採掘で生息地を奪ったりして生態系を乱すとき、私たちは動物に代わる新たな宿主となりうる。人間に飛び移り、複製し増殖できれば、ウイルスは世界で最も繁栄する動物の内部に居場所を見つけたことになる。

スピルオーバーとは、ある病原体が種から種へと飛び移ることを指している。それは予想を超える突発的な集団発生、すなわちアウトブレイクをもたらす可能性がある。世界各地の疫病の震源地や研究の最前線に足を運び、ウイルスがもたらす現実とそれに挑戦する人々の姿を描く果敢な試み。異種間伝播する病原体が近い日に〈次なるパンデミック〉を引き起こすことを予言した警世の書。

by Amazon

以上が見どころです()

ウイルスに感染して人が死んでるし、このまま生態系を破壊し続けるとヤバイよ!って話なのに、なぜかちょいちょい笑わせて来るルポルタージュ。

 

そんな感じのゆるくもキツイ1冊ですが、まあ、普通に勉強になりますね。

動物感染の仕組みや歴史、ウイルスの生態や研究者たちのドキュメントなどなど見どころは結構あります。

 

個人的にはSARSとコロナウィルスの話が一番おもしろかったかな~。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。