さくっと「ノンフィクション・歴史」

【地政学】もっとディープな北朝鮮!―『THE KING―金正恩:危険なゲーム』

投稿日:

 

さくっと。

 

THE KING

金正恩の内政・外交を振り返り、正恩が米韓と周辺国の自由・民主主義・非核化の主張を巧みにかわしてきたことを明らかにする。
タイトルThe Hermit(隠遁者の、世捨て人の)Kingはその姿勢を表す。正恩が狂った「ロケットマン」ではなく、計算ずくで独裁者の地位を守ってきたことが示される。その正恩が国内経済の行き詰まりや海外から忍び寄る自由化を前に岐路に立たされ、今後どのような選択をするか、それが国際政治情勢との間でどのような相互作用を生むかを考察している。

by Amazon


興味のある人なら手にしてるだいたいの情報が、さらにディープになりました!(´∀`*)って感じですね。

お察しの通り、北朝鮮ってなかなか酷い国なんです。

 

しかしまあ、こうして裏の内情も見て行くと、「そりゃそうなるわ( ´゚д゚`)」と納得できる部分もありますよねえ。

国の経済成長は国民にかかっているので、国民のモチベーションを上げれてない時点で望みが薄いですから。

その辺も踏まえると、北朝鮮が国際社会での地位を上げて来る可能性は、ゼロに近いかなと。

 

ということで、北朝鮮の現状に納得がいく考察のなされた1冊でございました。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。