【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】黒くくすぶったダークな世界で燃やす情熱の物語―『ブルース』

投稿日:

 

最高。

 

ブルース

巨大タンカーの中で、ギタリスト村上の友人、崔は死んだ。崔を死に至らしめたのは監視役の徳山のいたぶりだった。それは、同性愛者の徳山の崔への嫉妬であり、村上への愛の形だった。濃密で過剰な物語。

by Amazon

いや~、良いですね!(´∀`*)

ファンの間でも最高傑作と言われてるだけあります。

 

もうね、単純に設定がぶっ飛んでるんですよ。

「いやもう明らかにおかしいやん( ´゚д゚`)」な人物設定が、物語の霧を濃くして、先になにがあるのか見たくさせるんですね~!

 

そして、バンド経験者なら共感できるであろう描写の数々。

最高です。

さらに加えて、濃密なエロ描写。

もうどうしたいの。(?

 

とまあ、おすすめポイントを上げてたらキリがないのですが、さくっと一言で言うなら「刺激が欲しくなったら読め!」ってことですね。

もはや、生ぬるい普通の物語では満足できない体になります。←

 

おもしろかったです。どっぷりハマってしまいました。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。