【小説】花村萬月 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】短い話の中に切なさと寂しさを詰め込んだサクセスストーリー―『惜春』

投稿日:

 

「サクセスストーリー!」ってほどでもないけど。笑

 

惜春

汚れた女と愚かな男、雄琴ソープ街に春は…新宿の暴力バーで働いていた童貞の青年・佐山は、ヤクザな客・栃憲の口車に乗せられ、雄琴のソープランドでボーイをする。

ソープ嬢らとの理不尽な日々の果ては。

by Amazon


わりとおもしろかったです。←

本当に、サクッとヒマつぶしするか!みたいなノリにちょうどいいですね。

 

作品の雰囲気は明るめで、ちょいちょい笑わせてくれます。

ダークサイドな話も、自虐的な方向に持って行くので、暗い印象はないですね。

 

しかし、本作の凄いなと思った点は、「切なさと寂しさがある」ってところですね。

しかも、こんな短い話の中に。

なんなら「もっと長篇で!」って気分になりましたよ。笑

 

どうやら、知らないうちに世界観に飲まれていたみたいです。

騙されてソープランドのボーイをすることになって、理不尽な扱いを受けながらも、支配人や先輩、ソープ嬢と関わっていく中で成長して行く…。

そんな彼らを応援してる自分がいたんですよね。

 

なにげに凄い作品です。まあまあ下品だけど。(

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】花村萬月, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。