さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】めっちゃほっこりする原始人とのラブストーリー―『時の他に敵なし』

投稿日:

 

二周読める人限定。

 

時の他に敵なし

ジョシュアには子供の頃から不思議な力があった。太古の時代を繰り返し夢に見るのだ。
それは夢と呼ぶには、あまりにリアルだった。
彼は夢のことを“魂遊旅行”と呼んでいた。
成長したジョシュアは、夢に出てくるのが石器時代だと知り、古人類学者のブレアに夢について話す。
ブレアは“魂遊旅行”が本物だと認め、ジョシュアを国家的なタイムトラベルプロジェクトへ誘う。
それは黒人であるだけで、あらゆる場面で差別されてきたジョシュアにとって、自分を自由に解き放つ唯一のチャンスでもあった。
ジョシュアを過去へと送る実験はアフリカで行われた。
奇妙な装置に固定された彼がまどろみ目を開けると――石器時代だった。
そこでジョシュアは、ホモ・ハビリスと呼ばれる現生人類の集団と出逢う。
彼らと行動を共にするうち、やがてジョシュアは、ヘレンと名づけたひとりのホモ・ハビリスと恋に落ちる――。
異色のタイムトラベルロマンスであり、ひとりの黒人青年の魂の戦いを描いたネビュラ賞受賞作。

by Amazon


なんだかんだでおもしろかったです。←

二週目が。

これ大事ですね。

 

何言ってんのかよくわからないし長いしで、私も一周目を斜め読みして終わろうと思いましたが、なんとなく気になって(そーゆーのありません?笑)二週目を読み始めてみたところ…

なにこれおもしろい!(´∀`*)ってなるんですね~。

たまにそんな不思議な作品ありますよねえ。

 

まあ、一周目は普通にホモ・ハビリスのエレンとのラブストーリーだけを楽しめばいいんじゃないかと。

正直、あとはどうでもいいっす。(

それだけでも十分おもしろいし、こんなシチュエーションの作品自体なかなかないですから。

多分、なんか気になって二周すると思いますけどもw

 

ということで、しっかりドキドキさせて、しっかり泣かせて、しっかりほっこりさせてくれる物語でございました。

結構な長篇で疲れるので、二周目を読む時は休みながら読もうね!

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。