さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】純粋な殺人ミステリー―『骸の爪』

投稿日:

 

まじりっけなし。

 

骸の爪

ホラー作家の道尾は、取材のために滋賀県山中にある仏像の工房・瑞祥房を訪ねる。彼がその夜見たものは、口を開けて笑う千手観音と、闇の中で血を流す仏像。しかも翌日には仏師が一人消えていた。道尾は、霊現象探求家の真備、真備の助手・凛の三人で、瑞祥房を再訪し、その謎を探る。工房の誰もが口を閉ざす、二十年前の事件とはいったい。

―あらすじより

純粋に殺人ミステリーが楽しみたいんだ!

って人におすすめな1冊ですね。

余計なことは一切ない!ってところがポイントかなと。

 

私はどこか物語になにか1つスパイスが欲しいタイプなのですが、それでも世界観に飲み込まれたのは、純粋に「謎が魅力的だったから」ですね~。

 

  • 深夜に怪奇現象が起きる仏像
  • どこからともなく聞こえる「マリ…」の声
  • 何かを隠している工房の人たち

これだけでもめっちゃ気になるじゃないですか。笑

めっちゃ怖いし。←

 

そしてこの謎が明かされる時!

なんとも悲しい過去と、それぞれの想いと、上手く仕込まれたトリックがあったのです!

なんて純粋なミステリー!(´∀`*)

 

まあ、のめり込んだ理由は他にも、単純に仏教が好きってのもありますね。

そのへんの話もあったりしておもしろいです。

 

そこまで長編でもないので、ちょこちょこ読みでも一気読みでも楽しめるのも良いですね。

おもしろかったです。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。