【小説】貴志祐介 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】想像力のトレーニングにおすすめのパニックミステリー―『雀蜂』

投稿日:

 

ぞわぞわ(;゚ Д゚)

 

雀蜂

11月下旬の八ヶ岳。山荘で目醒めた小説家の安斎が見たものは、次々と襲ってくるスズメバチの大群だった。昔ハチに刺された安斎は、もう一度刺されると命の保証はない。逃げようにも外は吹雪。通信機器も使えず、一緒にいた妻は忽然と姿を消していた。これは妻が自分を殺すために仕組んだ罠なのか。安斎とハチとの壮絶な死闘が始まった―。最後明らかになる驚愕の真実。ラスト25ページのどんでん返しは、まさに予測不能!

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

めっちゃおもしろいけど、むちゃくちゃゾワゾワします。

貴志祐介さんが放つ、異色のパニックものです。

 

内容としては、

  • 泊まってた別荘にいきなりスズメバチの大群が!
  • なんで?どうして?とにかくコイツらをなんとかしなきゃ!
  • まさか、スズメバチ事件の裏にそんなことが!(((((((( ;゚Д゚))))))))

ってことですね。

 

物語もよく出来てるし、スズメバチとの手に汗握るバトルも白熱するのでむちゃくちゃおもしろいのですが、私が特筆したいのはこれ。

想像力のトレーニングに良いんですよ。

特に、「虫が嫌いな人」!w

 

人間はどうやら嫌悪感を抱くものの方が想像しやすいみたいですね。

読んでると、本当にスズメバチが周りにいるんじゃないかという恐怖に襲われます。

もうね、下手に幽霊とかモンスターとかよりよっぽど怖いですよ。

 

こんな「想像させてくれる」刺激的な作品って、自分の想像力をも刺激してくれるので、トレーニングにちょうど良いんですよね。

今でも、体のどこかに蜂がとまってるんじゃないかとゾワゾワしております。(

 

ということで、スズメバチの脅威に戦慄できる1冊です。

話のオチも予想外でおもしろかったし、インパクトもあったのですが、ゾワゾワするのでもう二度と読みません。←

今でも羽音が聞こえてくるようです。重症

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】貴志祐介, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。