【小説】五十嵐貴久 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】笑ってしまうほど頭のおかしいストーカーに戦慄する1冊―『RIKA』

投稿日:2021年11月7日 更新日:

 

アカンやつや。

 

RIKA

妻子を愛する42歳の平凡な会社員、本間は、出来心で始めた「出会い系」で「リカ」と名乗る女性と知り合う。しかし彼女は、恐るべき“怪物”だった。長い黒髪を振り乱し、常軌を逸した手段でストーキングをするリカ。その狂気に追いつめられた本間は、意を決し怪物と対決する。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

妻子がいて出会い系なんかに手を出すからだリア充めが。

という1冊です。(

いや~、これもまた一気読み必至のおもしろい作品でございました!

 

この作品の見どころはなんと言っても、とんでもない行動をとるストーカーのサイコパスっぷりですね!

もうね、笑っちゃう。←

「よくそんなこと思いつくな」と、途中から感心してましたから。

 

やっぱり、頭のおかしいサイコパスが出て来るホラーものはおもしろいんですよね。

そもそもの思考自体が異常なので、「次はなにをしてくるのかわかったもんじゃない」というハラハラ感が異常なのです。

 

なので、全編通してかなり怖いですね。

話自体は、ひょんなことからストーカー系女子()に狙われちゃった!ってシンプルなものなのですが、このシンプルさがまた異常さを際立たせております。

 

「本当に怖いのは人間なんだよ…」を地で行くスタイルのサイコホラーです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】五十嵐貴久, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。