さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】悪い女に騙されたい人におすすめのミステリー―『鬼畜の家』

投稿日:

 

そんな人いるのか。(

 

鬼畜の家

「おとうさんはおかあさんが殺しました。おねえさんもおかあさんが殺しました。おにいさんはおかあさんと死にました。わたしはおかあさんに殺されるところでした……」 保険金目当てで家族に手をかけてゆく母親。 巧妙な殺人計画、殺人教唆、資産の収奪…… 信じがたい「鬼畜の家」の実体が、唯一生き残った末娘の口から明らかに。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

そっちかい!Σ(゚Д゚;ってなる1冊です。

これは騙されましたね~!気持ちいい!

 

インタビュー方式で始まって行く「鬼畜の家」の話と言い、続きが気になる展開と言い、腹立たしいほどの悪女っぷりと言い()、最高です。

全体を通して、超絶にドロドロとした家族の物語ですね。

 

しかしながら、私がもっとも推したいのはそこじゃないんですよ。

次々と明らかになっていく彼女の鬼畜っぷりに気を取られてたら、最後に待ち構えている大どんでん返し!

ずりーぞ!←

 

いや、これはヤラれましたね~。

まさかこんなオチが用意されてるとは思いもしなかったです。

 

頭良すぎやろ。

犯人も、探偵も、作家さんも。笑

 

最後はもう余韻に浸るどころか、物語のクオリティの高さに感心してしまった1冊です。

一気読み推薦。おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。