【小説】 葉真中顕 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】展開が熱いうえに大どんでん返しとかもうたまらんミステリー―『凍てつく太陽』

投稿日:

 

やられました。

 

凍てつく太陽

「昭和二十年、終戦間際の北海道・室蘭。逼迫した戦況を一変させるという陸軍の軍事機密をめぐり、軍需工場の関係者が次々と毒殺される。アイヌ出身の特高刑事・日崎八尋は「拷問王」の異名を持つ先輩刑事の三影らとともに捜査に加わるが、事件の背後で暗躍する者たちに翻弄されていく――。真の「国賊」は誰なのか? かつてない「戦中」警察小説!

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

「灼熱」がおもしろかったので買ってみましたが、これまたおもしろかった!

どうもこの作家さんは人を熱くさせるのが好きらしい。笑

 

 

今作も「灼熱」同様、第二次世界大戦あたりのお話ですね。

戦時中の道民の生活や舞台裏が深く描写されてるのもあって、ノンフィクションかと錯覚するくらいのリアリティがあって良い!

 

そんなリアリティの中で繰り広げられる

  • 殺人事件
  • 国家の陰謀
  • 壮大なミステリー

が見どころとなっております!

 

裏切り、そして明るみに出る真実と、一気読み必至のエンターテイメントでございました!

 

いや~、おもしろいわ。

他の作品も読み漁ってみたいと思いますよ!

 

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】 葉真中顕, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。