【小説】新堂冬樹 さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】今までで一番ヤバイ殺人鬼が出て来る1冊―『少年は死になさい…美しく』

投稿日:

 

あかんやつや。

 

少年は死になさい…美しく

妊娠中の妻と2歳の娘を少年たちに凌辱の末惨殺された恭介は、犯人の少年たちを切り刻み、それを撮影したDVDを犯人宅に送りつけた。しかしそれは復讐ではなかった。妻子の殺され方が美しくないことへの憤りだった。恭介にとって人間の死体は至福の「芸術品」であるべきなのだ。23年前、キスした姿の少年と少女の生首写真が被害者宅に届けられる事件があった。ご丁寧にもその写真には「ファースト・キス」というタイトルまで付けられていた。事件は迷宮入りし、警視庁の名倉警部は今でもその屈辱を胸に抱いているが、その犯人こそ当時中学生の恭介であった……。

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

北野監督の「アウトレイジ」とか、そんな極端な作品が好きな人におすすめですね。

アウトレイジの見どころは言わば「バカヤロー!」とか「この野郎!」という怒声、言葉の暴力の連続が気持ちいいって部分じゃないですか。

ストーリーとしてはそんな大した展開はないのに。←

 

この「少年は死になさい…美しく」もそんな感じです。

ストーリー全体を見たらそんな大した展開はないものの、ただただサイコパスが人を殺害していくのに気持ち良さを覚えてしまうという、ちょっとヤバ目な作品です。

 

なにがヤバイって、殺人鬼の思考。

殺した人間を加工して芸術作品に仕立て上げると言うキチガイっぷりを搭載したスーパーモンスターなのです。おそろしあ。

 

こんなもんに狙われたら…なんて考えたらゾッとしますね。

まさにそんなことを考えさせられるので、なぜかこっちまで恐怖を感じながら読んでましたよ。

 

しかもやたら細かいこだわりを持った殺人鬼なので、なんかもう途中から人を殺してると言うより本当にアートを作ってるんじゃないかと錯覚してくるくらい。

そのイカれた作品がちょっと楽しみになってきてしまう自分がいる、という危ない1冊ですね。

 

かなり猟奇的でグロテスクですが、「ガチでヤバイサイコパスが見たい!」って人にうってつけです。

 

久しぶりに衝撃が走るサイコっぷりでございました!

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-【小説】新堂冬樹, さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。