さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】この裏切り方は斬新!ってなるミステリー―『饗宴』

投稿日:

 

これはズルい。笑

 

饗宴

この島は何かがおかしい――

大手新聞社を定年退職した夜、連れて行かれたショーパブで一人の女性と出会った鮎子。
アサミと名乗る彼女はショーの演出を手がける立場で、出演ダンサーのオーディションを近々行うという。そのオーディションに立ち会って欲しいと、鮎子は初対面にもかかわらずなぜか頼み込まれる。

禁断の出会いをきっかけにアサミに翻弄される鮎子。新宿、浅草、バリ島を舞台に、アサミに心身をとりこまれた先で彼女が体験したのは、想像を絶する「宴」だった――

-あらすじより

 

この投稿をInstagramで見る

 

高橋幸太(@readi_ngrecord)がシェアした投稿

言いたいことは全部インスタで言いました。←

 

赤松利市さんの作品は初めて読みましたが、おもしろいことをやってのける作家さんですね~!

こんな伏線の回収の仕方は初めて見ましたよw

 

斬新な手法で「実はこうでした~!」ってオチの衝撃を喰らいたい人におすすめです。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。