関連記事

吉原で生きる【書評】

  色街・吉原のリアル。

ダ・ヴィンチ・コードを超える一気読み本! 『オリジン』【小説】

  われわれはどこから来て、どこへ行くのか― これは、「人類はどうやって生まれて、どのような終焉を迎えるのか」ということです。   この説にはいろいろあって、有名なのが 「神々が創 …

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …

『自由過ぎる投資家のくだらない1日』 ~なにその担当?~編

  ふむ。  

なぜ荒廃した世界では「モヒカン」が流行るのか

  気になりません?