Music的な

名古屋系がお好き

投稿日:

ヴィジュアル系バンドの話ですよ。

黒夢 – Miss Moonlight

黒夢。

90年代のバンドブームに夢中になってた私世代だと

なんと言っても名古屋系を全国に押し上げたのは
黒夢という印象ですね。

Luna Sea とか Larc~en~Ciel とかの中に

「黒夢」ですよ。暗黒ですね。

インディーズ時代の楽曲やビデオもほとんど見てきましたが
一線を越えてますね。新しい時代を作った人たちです。

名古屋ミュージックファームや円盤屋は聖地ですよ。

Laputa – Vertigo

Laputa

そんな黒夢の弟分的バンドですかね

黒夢のインディーズクレジットには彼らの名前があったりします。

ダークでコアでメロディアスを地で行くスタイルです
眩めく廃人、眩暈あたりのインディーCDがやっぱりおすすめですね。

メジャーに行ってもLaputaのセンスは光ってた印象ですが
今は残念ながら解散しております。

再結成はよう!

Rouage – Endless Loop

Rouage

ちょいとイケメンお兄様要素をぶっ込みます
ヴィジュアル系ホスト達の鏡ですね。

インディーズ時代はLaputaと同じく
黒夢と並んで2大巨頭として存在したバンド
Silver-Roseの血を受け継いでおります。

こちらも解散しております
なんか色々と懐かしいです。

Merry go round – 白い華を散らして

Merry go round

ちょいと視聴注意かも知れません。

名古屋系の特徴は「暗くて、重い」にあったのですが
それをとことんまで追求したようなバンドですね。

ちょっとしたホラーです。

まさにアンダーグランドですね
メジャーでこんな事できないでしょうしw

高校生くらいの頃は友達同士で
「心霊系番組」を観るノリで聴いてたりしましたが
最近はまったく聴いてないです。 ←

お化け屋敷とか特殊なところで聴きたい曲かな。

今の時代これぐらい病的でクレイジーなアーティストがいた方が
エンターテイメントとして面白いんじゃないかなー。

守りの姿勢に入ったような曲を今さら聴いても
「またか」みたいな空気あったりしますしね。

ってゆー名古屋系の復活を望むおじさんの

爽やかな(?)青春の1ページでした。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Music的な

執筆者:

関連記事

no image

今日はhideを聴きます

今日は永遠のロックスターの命日です。 hide – Beauty & Stupid 小学生の時にX-JAPANの紅を聴いた時 「なんじゃこりゃあああ(((((((( ;゚Д゚))) …

no image

X JAPANの「MISCAST」ってすげえよく出来た歌詞だよな

  真理をついてますね。   X JAPAN – Miscast 人生を学べば学ぶほど 身に染みるような歌詞です。 当時から大スターだったhideならではの視線で 人生 …

no image

Steve Aoki & Yellow Claw Feat. Gucci Mane & T-Pain – Lit

相変わらずおもしろいことやってますね~。 Steve Aoki & Yellow Claw Feat. Gucci Mane & T-Pain – Lit とっても金属です …

no image

CREAM – Girl Like Me

CREAM – Girl Like Me クリスマスっぽい曲でも聴きながら 100人組手を観戦したいと思います。 スト5「豪鬼」参戦当日にDetonatioN Gaming所属の若手プロゲ …

音楽でも聴きながら「競争」について考える

  しかも、「思いつき」で。   Follow me!