さくっと「ビジネス書」

【書評】我が闘争

投稿日:

ホリエモンこと
堀江貴文さんの自伝です。

おもしろいです。勉強になりますよ。

我が闘争。

幼少期からライブドア事件まで
赤裸々に記されております。

私自身も当時はよく解ってなかったので
ライブドア事件や数々の買収騒動も
マスコミの報道を鵜呑みにしていたわけですが。 ←

堀江さんの動向を改めて見てみると
そんな守銭奴な悪党にも見えないので

今でもネットライブなり記事なりメディアなりで
目に付く限りは見てますが
まさに戦う男ですよ。感動します。

詳しくはぜひ読んで頂きたいですね。

挑戦者であること。

行動の根っこには純粋に
「人の役に立ちたい」とか
「社会を良くしたい」という気持ちがあるのに

そう見えないように報道するマスコミや
自分の地位を守りたいだけの老害

その他もろもろのおかげで
だいぶ私たちの生活も損してるなとは
一般生活からしても感じますよね。

いい大学出ていい会社に就職すれば安定するとか
バブルの時代はもうとっくに終わってますし

そもそも小中学校なんて
義務教育って言うわりには行く価値ないよね。

なんて事が囁き出される中

「将来はどうしたらいいのか」に
もはや正解も不正解もないでしょうね。

今のイスに座り続けたいご老体が
無意味で古臭い権力を握ってるかぎり

「出世」というのも
もはや「死」を意味してしまう可能性もありますし。

どのみち完全に安定した生活なんて
今の日本じゃ無理だと思いますよ。

ほんとに挑戦者には
いろいろとインスパイアされます
自己啓発が止まらない2016年の師走。

我が闘争。おすすめです。

私もたくさん挑戦してたくさん失敗しますよ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

この世は回避可能なさまざまな不幸に満ちている by 『B・ラッセル 幸福論』【哲学】

  では、その「不幸」とはなんぞや。   Follow me!

no image

世界のエリートは10冊しか本を読まない【書評】

これは合理的ですね。 世界のエリートは10冊しか本を読まない 世界最高峰のハーバードで学んだ、 桁外れな結果を出す読書術!  もう、「速読」も「多読」もいらない!  サンリオ、LI …

あなたはあなたの食べたものでできている by 『あなたの体は9割が細菌』【書評】

  頑張れ微生物!(´∀`*)   Follow me!

D・カーネギーのクラシック名著 『道は開ける』【人生論】

  人生の究極は「悩まない」ですね。   Follow me!

【書評】「憧れ」の思想

  上級者向けの自己啓発本ってイメージです。   Follow me!