日記

【ハイパー】 いい加減マジメに仕事する 【ニート】

投稿日:

ふざけてメイクマネーしてるつもりもないですけどね。

好きな事してるだけですよ!(´∀`*)

お金を稼ぐニート。

しばらく会ってなかった友人に再会すると
仕事何やってんの?って100%聞かれます。

確かに人の仕事って気になりますよね。

私は会社員でもなければ、学生でもないし
かっこよく言えばフリーランスですが
そこまで仕事してないので

職業は「働くニート」と答えてます
ええ、半分ふざけてますね。

クラウドワークス

ここに登録しててきとうにやってます。 ←

クラウドワークス。

オンライン上で在宅ワーカーと仕事発注者のマッチング、
業務の遂行、報酬の支払いまでを一括で行うサービスを提供する

ってwikiに書いてある通り
PCがあれば家で仕事が出来てしまうんですね。こりゃ参った。

発注内容も報酬も様々で
アンケートに答えるとか、商品のレビュー書くとか
テーマに沿って記事を書くとかHP制作や管理などなど

好きな仕事を選んでやるだけです。

専門的なIT関係の技術を持った方なら
普通に生活できるくらい稼げるらしいです

私はそーゆーのは怖くて受注してませんが。 ←

ド派手な生活をしない限り
独身のおじさんが一人で生活するには充分じゃないかな
結婚して子供もいるようだとめっさ働かなかんけどな( ´゚д゚`)

クラウドワークスなどの在宅ワークだけで生活してる人もいますし
残業なんてものは個人で設定しない限り存在しないので

ブラック企業に精神をヤラレ気味な人におすすめです
とりあえず会社やめてこれやりながら充電するのもアリだと思いますよ。

れっつ・ふりーらんす!(´∀`*)

デメリット。

記事を書いたりするのが好きな人や慣れた人なら
まあまあ美味しいと思いますが

「1本いくらで」とか「1文字いくらで」いう仕事がほとんどなので
慣れてないと当然マズイですし

せっかく頑張って記事を書いても
クライアントの承認が下りないと賃金が発生しないので
テキトーに文章を書いても意味はありません。

スピード勝負で中身のある記事を書かなければいけないので
そこらへんは地味に勉強してます。

そんなにやる気もないけど。 ←

自分で仕事を選べるのが本当に利点ですが
楽しくなりすぎて働きすぎるのもデメリットだったりしますね

お尻について延々と書いてたらもうこんな時間!とか効率悪いし
だいたいの作業は50分のリミットがあるので
さっさと書いてさっさと次の仕事を受けましょう。

IT系に強いスキルがなければ
基本的にはがっつり稼げないと思って

勉強がてらとか、副業程度の考えでやった方がいいかも知れませんね。

まあ、あとはテキトーに飲み会でマジックやったり
建築関係の手伝いに行ったりしてますが

ほぼ記事書いたり旅に出てみたり
面白い事して遊んでます。なんという自由人。

写真を撮るのも好きなので
そこらへんもビジネスに出来るように色々やっております

もちろんそんなナメた生活態度では
一眼レフを買って海外には行けませんので
在宅ワークで副業しながら、そろそろマジメに建築系で仕事しようと思います。

あったかくなったら。 ←

好きな事して楽しく生きようぜ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日記

執筆者:

関連記事

no image

やりたいことがあり過ぎて連休どうしようってゆーおっさんの嘆き

有益なことは、書いてません。 連休にすること さて、私は少し世間と連休をずらしまして火曜日から日曜までお休みです。 読みたい本も大量にあるし、マジックもやりたいし、ブログの記事ストックもしたいしいろん …

no image

おにぎりセール

夜遊び中の強い味方です。 深夜2~3時帯のお供ですね。 おにぎり100円セール。 12月2日(金)~12月5日(月)までセブンイレブンで販売中の税込み160円未満のおにぎり・寿司が税込み100円に16 …

no image

失敗しないと、成功しない

やらかそう。盛大に。 失敗は成功のもと ということで、本日 親指を思いっきり火傷しました\(^o^)/ 鉄が熱を持ってることに気付かずに触って泣きそうになりました。熱かったー(´・ω・`) 1つ勉強に …

no image

黄金の世界を堪能できるイベント発見した

こんなイベントやってたの初めて知りましたケッタで行ける距離なのに。 第19回そぶえイチョウ黄葉まつり。 祖父江町は銀杏で有名なんですね昔から今でも通ったりするのですが秋の祖父江はいいですよ。 ライトア …

no image

間食しながら雑記

こちらが世の男性の いわゆる「理想の彼女」です。 まあ解らなくもないですがほんとに究極の話ですよね。 そしてこれに対する世の女性からのコメントはこちら。 確かに。 ← そんなTwitter民のバトルを …