さくっと「ビジネス書」

【書評】「ライフシフト」で未来の人生を見てみる

投稿日:2017年2月25日 更新日:

 

勉強になりました!

 

びば 柔軟性。

LIFE SHIFT

「100年時代の人生戦略」ということで。

平均寿命はグングン延びて今の20~30代の半分以上は100歳を迎えるであろう「少子高齢化」が急ピッチで進む現状にあたってどうする?ってゆービジネス書です。
これは本当に考えなきゃいけない事ですよね。

 

結婚して子供が産まれて65歳で仕事を引退して子供に面倒を見てもらいつつ年金で余暇を楽しむなんて事はまず不可能と思われますし、仮にできたとしても何の生産性もないジジイを35年も見る事になる子供の事も考えてみましょう。

かわいそうったらこの上ないですね。

 

今の時代を100年生きることを前提に様々な角度や分野からレクチャーする1冊です。

 

災厄か、恩恵か。

今、50歳未満の方は100歳まで生きる可能性が非常に高いです。

80歳あたりでポックリ逝くと思ってるアナタ甘いですよ( ´゚д゚`)

その時になってから考えようとも、ジジイの思考回路で考えられるわけないし「子供に任せる」なんて無責任な丸投げをした日には確実に恨まれて煙たがられます。当たり前ですね。

100歳まで生きる事を災厄にするか、恩恵にするかは自分次第です

頭が回るうちに色々と考えて行動しておいた方がいいですね。

私もいろいろと勉強して未来に向けてせっせと生産活動しておりますが、世の中が変化するスピードも速いのであらゆる事態に対処できるようにいろいろと準備もするべきでしょうね。

 

人生の伴侶

人生で一番肝心なのがこれ。

パートナー選びに失敗するくらいなら独身でいた方がいいレベル。

カップルで本読んで共感できる人がベストと思うくらい。

なんの勉強もしないで根拠もなしに「なんとかなる!(´∀`*)」とか言っちゃう人には近づかない方がいいと思われます。

結婚をナメると良い事ないですよ。

 

見えない資産をどうやって育てて何に投資をするのか、空いた時間を何に使うのか、時間やお金をどう使ってるかはSNSで簡単にチェックできるので「いいな~」と思える方が現れたら必ずチェックしましょう。

とまあ不安材料を持ち出して煽ってますが出来る限りの備えと、対処できる選択肢が多ければそこまで危惧する事でもないと思います。

将来に向けて換金できるものを作り続けるか、何も考えずに生きて家族や国に煙たがられるか。人生は長いですよ。

 

 

 

「家族みんなでサイドビジネスを楽しむ」のが最強な気がしてくる。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「モテる男」と「嫌われる男」の習慣【書評】

  納得です。   Follow me!

この世は回避可能なさまざまな不幸に満ちている by 『B・ラッセル 幸福論』【哲学】

  では、その「不幸」とはなんぞや。   Follow me!

シリコンバレー式 最速で結果を出す仕事術【書評】

  愛すべき、すべてのビジネスマンへ。   Follow me!

no image

【書評】「組織は人」が気合いブリバリだった件

元ヤンの方って好きなんですよ。うっとおしいのは嫌いだけど。 凄い経営論です。 組織は人 数年前にメディアで見て「凄い会社があるな~」と記憶の片隅にずーっとひっかかってた企業があって 当時のテレビの内容 …

私たちはこの身体を耕さなければなりません by 『人体 600万年史』【書評】

  壮大な、人体の歴史。   Follow me!