無駄に考察する

めんどくさい事はしないことにした2017

投稿日:

自分の人生を生きやすくカスタムする。

全ての決定権は、我が手中。 ←ちゅうに

ザ・気分屋スタイル

私は気分屋です。かなりの。

たいていメールのやりとりは私で止まります。
どうかすると仕事のメールも返しません。会社員でもないし。

私のモットーは
「自分に甘く、他人に甘く」ですので
メールが帰って来なくても気にしないですし
メールしてねえなそーいや。ま、いっか(´∀`*)


おしまいです。

だから返事がなくても気にするな!ほーみー!
マンガが読みたいだけなんだ!! ←

親戚の集まりとか時間の無駄

私は長男で
亡き祖父と父親の遺影とともに
母と祖母と静かに暮らしておりますが

盆、正月、何回忌だのなんだの時間の無駄なので
この先一切やりません\(^o^)/

時間を割いて集まってもらうのも悪いですし
私もやりたい事たくさんありますので

「ヒマな時に気が向いたら手合わせに来てよ」
でおしまいです。

別に来なくてもなんとも思わないですし
時間割いて無理に来てもらっても嬉しくないだろうし(先祖的に

母が勝手にやってるもようですが
私には出なきゃいけない理由は1つもないので出ません。

あくまで私の勘ですが
この無意味な会合、祖父と父は喜んでませんよ。
おれなら喜ばない。

「そんなヒマあるなら、自分の好きな事に熱中しなさい」
って言います。確実に。

なので
私の代からは、そこらへんはフリーにしてます

気軽に

「あ、今日ちょっと手合わせに行こうかな!」

みたいな散歩気分で来ていただく形式にした方が
お互いに緊張もないし、いいでしょう。

「本家だから集合かける」なんて偉そうな事はしませんよ。

気分が乗らない飲み会

言わずもがな、時間の無駄。
会社の飲み会が強制参加だった場合
即、転職するべき。

そもそも飲み会が強制参加の会社は
社員のプライベートをクソとも思ってないので
これがあるところは

「あ、うちはブラック企業かな?」
と疑った方がいいですね。

忘年会だの新年会だの
社員の労い的な顔してますが

社員の労いに「強制参加」っておかしいでしょ。

相手のプライベートを軽視してる証拠です
そーゆー会社にいても損しかしないでしょうね。

強制参加の飲み会に何度か参加させて頂きましたが
おもいっきり時間の無駄でした。\(^o^)/
充実したことは1度もないです。

まあ、会社のやり方に口出すのもめんどくさいし
「飲み会あるけど来たい人はおいで~」
的な社員の事を考えてくれる会社は必ずあるので
スッと退職してサッと転職しましょう。

見るからに老害

仕事できねークセにコイツ偉そうだなー

って年配の方はどこにでもいらっしゃいますが
その感覚に狂いはないと思われ。

仕事できないのに偉そうにしてる年配は
間違いなく老害です。当たり前の話ですけども。

相手にしても、得るものもないし時間の無駄なので
スッと消えましょう。屁みたいに。 ←

もっと色々書こうと思ったけど
読みたい本があるから、また今度(´∀`*)

「自分に甘く、他人に甘く」!いい言葉だ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

納涼なら怪談より蓮コラ

一発で「ゾゾゾッ」とします。 蓮コラ 「はすこら」と読みます。 あえて画像は貼りません気になる方は閲覧注意の自己責任でおググりください。 人によっては吐き気を催すほど体の調子が悪くなったり精神的に異常 …

no image

太ったおばさん「私太ってるからwww」 ←これ

なんて言って欲しいのよ(´・ω・`) 「そんなことないですよ」のダメージ たまにあるのが笑っていいのかわからない 自虐ネタ風のフォローして欲しい系コメント。 これは九割九分、笑えません\(^o^)/ …

no image

「長生きしたい」と思いたいなら自分の時間を削らない

朝っぱらからすみませんね。ヒマで。 もっと知りたくない?(´∀`*) 私の周りには「長生きしたいぜ!」って方はびっくりするくらい、いません。 むしろ「なるべく早く楽に逝きたい」的な人生あきらめちゃって …

no image

バレずに浮気する方法を独身がクソ真面目に考察してみる

ためになるかもしれないし、ならないかもしれない事を暇つぶしに書きます。 ← タイトルを見てすっ飛んできた スケベ紳士のみなさんこんばんは。 私は今まで浮気をした事が一切ないので 経験談ではなく他人情報 …

no image

勉強は「大人の遊び」

勉強漬けになる小学生の頃とはわけが違います。 至上の自己投資 これ以上に「自分へのご褒美」になるものなんてないだろ と言い切れるくらいです。 好きなことをとことん掘り下げていく 興味のある分野を広げて …