さくっと「ビジネス書」 無駄に考察する

安い仕事を無理矢理受けて人手不足により募集するとか負のループだぬ

投稿日:

ということで
私はベーシックインカム賛成派です。

何それ?って聞かれたので
ざっくり説明しながら思ったこと書いてくお。

ベーシックインカム

日本国民全員に
毎月決まった基本所得を支給しますよ。って法案。

いくら支給されるかにもよりますが
額によっては働かなくて良くなります。素敵。

ヨーロッパの方では実際に
テスト導入したりしてるらしく

現にフランスでは
子供を4人産めば、働かなくてよくなるらしい。
ソースは忘れたけども。

このカラクリを説明してると疲れるので
メディアなりマンガなり本なりで勉強して下さい。 ←

本はちょっと専門的過ぎるかもめ。

井上 智洋 日本経済新聞出版社 2016-11-25

これ導入しないとヤバイですよね。いろいろと。

今の企業が募集してること

ちらっと募集内容を見てきましたが
「毎日2hほどの残業で月30万!」とか
最初から残業ありきの募集。

しかも定時が書いてない。怪しすぎ。
これ見て面接行くやついねーだろ。すげえな。

企業が従業員の生活のため(かどうかは知らんけど)に

需要の間に合ってる仕事を無理に受けて
結果、人手不足になって長時間労働になるんだろうなー

ってのがヒシヒシと伝わって来ますね。

ベーシックインカムが導入されれば
生活は国が補償するので、企業は無理な仕事を受けなくて済むし
従業員も無理な残業をしなくて良くなります。

消費もしやすくなるため、国民の幸福度も上がり
仕事やお金の不安も軽減されるため
みんなバンバン結婚して子供がいっぱい増えます!

えっちですね!(´∀`*)

技術が発展していかない

例えば
ガソリンを一切使わない
環境にめっさ優しい車が開発されたら

ガソリンスタンドなどから
「生活できなくなるだろー!」
と猛抗議がきます。そりゃそうですよね。

これも、技術の進歩を遅らせてる原因の1つ。

ところが
このベーシックインカムがあれば

ガソリンスタンドなどで働いてた人の仕事がなくなっても
生活には困らなくなるので反対運動も起きず

車、船、飛行機、ロケットと
次から次へと技術が発展していき

日本ほどの技術を持った国なら
あっと言う間にイノベーション大国になると思われます。
ベンチャー企業ばっかになるわな。こりゃすごい。

導入しないなら、しないだけ
世界に遅れをとっていくだけという悲惨な状態になります。

ということで問題は導入後

もう私は日本や世界の現状的に
導入しないとやってけなくなるだろうと予想してますが

ベーシックインカムが導入してもしなくても
対策はいろいろと作っておりますよ。

多くの選択肢を持つことが重要ですね。

実は
導入されないならされないで
今まで通りデフレでジリ貧するだけですが

導入されて
「働かなくてもいいよ!」ってなった場合が
一番怖い気がしてます。

「もう働かなくていいよ」って言われたら
何します?

年功序列の体育会系で縦社会の
言わば軍隊のような日本の文化教育を受けて

「さあ、50~60年好きな事やっていいよ!」ってなったら
半分以上が痴呆症になりそうで怖いですよね。

上の人間に言われなきゃ何も出来ない
常識に縛られた人の頭では
やりたい事なんて浮かばないんですよ。

そうなった時に
遊び方や楽しみ方を知らないと
それはそれで困った事になりますよね。

どちらにしろ
エンターテイメント業が
フルイにかけられる時がきましたね

1人でも多くの人を楽しませたり
笑わせたり、感動させることが出来るように

クロースアップマジックの腕のみならず
感性も磨いていきたいと思います。

私は常に「遊び」をビジネスに仕掛けて
本気を出す所存でございますよ。

遊びのプロになろう。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」, 無駄に考察する

執筆者:

関連記事

「ヘイトスピーチ」に耐性を持つこと

  ぎゃーぎゃー騒いだところで、なくならないでしょう。   Follow me!

時間に「退屈」をさせられる by 『暇と退屈の倫理学』【書評】

  人間は「自由」という名の刑に処されている。ってやつですね。   Follow me!

no image

「今日よりいい明日はない」という生き方【書評】

パラダイムシフトしよう。 「今日よりいい明日はない」という生き方 もはや世界的にも高成長は見込めない。 でも、日本史上、今ほど豊かな時代はないのだから―― 経済成長に囚(とら)われず、今日をエンジョイ …

「飽きたらすぐやめる」というクセ

  時間を効率的に使いましょう。   Follow me!

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …