無駄に考察する

義理チョコやめろっつってんのにやめないなら、お前の来年のチョコを本命にしてやるからな(かべどん

投稿日:

口で言っても解らないなら、お返しで教えてやろう。

準備はいいか、ほーみー。

前回からの引き続き記事てきなやつです
ヒマだから「チョコ要らない系男子」の本音を熱く語る

「義理」って言葉がもう嫌

男的に、バレンタインデーは
女性が想いをチョコにして相手に渡す日
という先入観がどうしても抜けないので

女性の想い = 義理
の計算式が成立してしまうと

めんどくさいし、お金かかるし
あげたくないけど

社交的に問題が出そうだから
仕方なしにあげる

という意味として受け取れる事になります。
少々ネガティブだけども。

寂しいじゃない。義理とか。

本命よこせよ( ´゚д゚`)どうせなら。

と、言うことで

「おれ、義理はいらないって言ったよね…
火傷しても知らないぜ?( ー`дー´)」

的な雰囲気で
今年のホワイトデーは

来年の義理チョコを
本命にする努力をしてみましょう。

義理を本命にするために

私がイメージしてる恋愛市場は
男側はサッカープレイヤー
女性は観客です。

サポーターの応援を得るには
フィールド(恋愛市場)に立たなければ話になりません。

まず、サポーターたちは
選手たちの見た目を清潔か、不潔かで判断をするので
見た目の清潔感にはとことんこだわって下さい。

サッカーは技術だっ!って言うのは
パリッとした綺麗なユニフォームありきです。

スーツや作業着もさることながら
私服ももちろん、ユニフォームですので

まずはTPOに合わせた清潔感のあるアイテム

トップス、ボトムス、シューズ、ヘアスタイルに
時計くらいで勝負する

シンプルなコーディネートが大切です。

また

帽子ブレスレットネックレス
チェーン指輪

男から見た女性のネイルアートと同じで
意見が分かれやすく、非効率です。

余計な物を着用すればするほど
女性の採点範囲が狭まっていき

ストライクゾーンから外れて行く危険性が高まります。

パス回しが上手い、ドリブルが早いとかのアピールは
ユニフォームが左右すると肝に銘じて下さい。

お返しのコツ

義理チョコのお返しほど
やりたくない物はないですね。まじで。

返したら返したで来年もくれるだろうし
返さなくても、義理は送られてくる可能性があります。

しかも
お返しをしなかった場合

「ケチ」というレッテルを貼られて
陰で笑われる恐れがあります。

「義理」という名目の商品を勝手に送り付けておいて罵られるとか
かなり理不尽な社会ですが

これを無視すると損しかしないので
来年は本命になるようなお返しをしてみましょう。

お返しは、高くなくてもいいので
「入手するのがめんどくさい」ものがグッドです。

私のおすすめは
何かのついでに買った500円くらいのご当地モノのお菓子。

「あなたのために手間をかけました」
ってゆー事実を渡してみましょう。

出張のついでに買ったやつに
「わたしのために…ドキドキ」
ってなります。多分。

なので、ホワイトデーは
価値ではなく手間を渡してみましょう。

君を見る目が変わるはず。

あとは1年間、サポーターの前で
清潔感のあるシンプルなユニフォームを着て

仕事なり趣味なりで
最高のパフォーマンスを発揮するだけです。

本当に本命もらったら、どうするの?

Σ(゚Д゚;エーッ! 効果あるんだこれ!
つってビックリしましょう。おわり。

私の大好きなユニフォームの参考コミック。おすすめ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

自分でうまく「洗脳」されよう!

  みんな、なにかしらに洗脳されて生きてますから。   Follow me!

no image

ひまなので漫画で人生観でも変えてみる

大切な事だと思いますよ。 下手したら参考書よりも人生には役に立つかもめ。 ホリエモンが「人生観を変えるほど面白いマンガ」ベスト60冊を紹介 https://t.co/m7PJ1ZlL5Q #マンガ新聞 …

no image

【お盆】先祖に対して冷たいおじさん【いらない】

現実主義者なんです。 「仏教徒」強化期間中 私は長男で 家は田舎によくありがちな風習で先祖はどうたらこうたらで お盆や何周忌には親戚やらが集まってお坊さんにお経を唱えてもらう習慣がありますが 「これ、 …

no image

「安定」から全力で逃げるおじさん

逃げろ━━(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)⌒Y⌒(。A。)⌒Y⌒(゚∀゚)━━!! 男の悲しい現実 男性は社会で、女性は家庭でそれぞれが活躍できるように創られてるので 夫婦でお互いの意見が合 …

やりたくないことは、やらなくていい

  というおはなし。   Follow me!