さくっと「ビジネス書」

重要なことは、Just do it. ただ実践することだ by 多動力【書評】

投稿日:

おもしろい!

日本国民全員が読むべき。 ←

多動力

ご存じホリエモンこと
堀江貴文さんの新刊でございます。

堀江さんの著書はだいたい読んでますので
なんとなく話の流れは想像してましたが

これはヤラれた。

もうワクワクが止まらないよおじさん!(´∀`*)

本人ですら
「何の仕事を本業にしてるかわからない」というくらい

かなりの種類の仕事をこなし続ける
ホリエモンの仕事術とはー!?

かるく中身を紹介したいと思いますよ!

1つのことをコツコツとやる時代は終わった

時代が求めるのは
肩書を掛け算した、レアな存在だと堀江さんは言います

これにはまったくもって同意ですね。

「私はこの道のプロです!」とは
「私はこれしか出来ません!」と言うようなもので

インターネットがこれだけ普及してる現代で
肩書が1つしかないとかもうギャグのレベル。

長年培って鍛え上げたものでも
おもしろくなければ、そこに価値はないんですね。

私も建築業を生業としてますが
その中でも「職人」と呼ばれる部類のものなら
半分以上のことは出来ますし

クロースアップマジックで接客できるし
ブログを使った1~2分のネットコンテンツを大量に提供できるし
すげえくだらないオチの4コマ漫画なんて得意中の得意分野だし
音楽を作って自分で歌って商品にも出来ます。

自分で「やりたい!」と思ったことは
すべて仕事に出来る時代なので

やっちゃえyo!(σ・∀・)σ
ってことですね。

現代人は「無駄な時間」を我慢できない

スマホがあらゆる隙間時間を埋めるようになったことで

人の「時間間隔」は確実に早くなっている

と、本書にあるように

映画「君の名は」がヒットした理由を例に
「時間」についてとても分かりやすく書かれています。

私もそうですが

数秒でも空き時間があると何か落ち着きませんし
時間がもったいなく感じて何かしらしますよね。

映画とかもそうですが
最近は音楽1つにしてもそうで

ネットの普及により
手に入れられるものが一気に増えたので

1つのコンテンツが3分以上あると
重くて楽しめないんですよね。

Youtubeの動画でも

よっぽど好きなクリエイターか
おもしろそうな動画でもなければ
10秒も見ないですし

音楽も
最初の10秒でおもしろそうな匂いがしなければ
あっさり数ある中の1曲として闇に葬ります。 ←中二

「わかりやすくて、短時間に楽しめるもの」
これからのキーワードになって行くと思いますね。

教養なき者は奴隷になる

なかなか衝撃的な見出しでしたが
これにも思いっきり同意できますね。

教養とはつまり、歴史から学ぶこと。

過去の人達が
「こんな失敗したから、お前ら気を付けろよ!」
と書き記してくれたものがあるのに

それに目を通すこともせず
まったく同じ失敗を繰り返し続けるとか
コントです。 ←

やりたいことを多動するどころか
時間の無駄になるだけです。

今の私たちが「失敗した」と思えるものは
過去に必ず事例があるはずなので

ネットで調べるなり本を読むなり
勉強して学習できるはずなんですね。

表面的な情報やノウハウだけを身に付けるのではなく

気になった物事があれば歴史の奥まで深く掘って

本質を理解しよう。

時間の無駄を削るのも
多動力を発揮する重要な要素の1つです。

堀江 貴文 幻冬舎 2017-05-27

とりあえず
「やりたいと思ったことは迷わずやれ」ってことですね

やりたいことを全てやるコツが満載でした。

やりたいことがなくても大丈夫

これ1冊読んだらワクワクして
絶対なにかやりたくなるから(´∀`*)

良著です。おすすめ!

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

生きるのが嫌!って人におすすめしたい2冊の本

心を楽にすればおk! 生き方は1つじゃない! 私の経験上心を苦しくするのは 「常識」とかゆーわけわかめな言葉に始まる固定観念です。 親や教師に習ったことなんてほんとクソだな( ´゚д゚`) と思わせて …

「逃げる」とは、「戦う」こと by 『逃げる力』【書評】

  三十六計、逃げるにしかず。   Follow me!

no image

文学男子の読書感想文

本の世界は良いですよ。まだまだ読み足りません。 オズの魔法使い。 名前は知ってましたがいまいち内容を知らなかったので読んでみました。 桃太郎の豪華バージョンとでも言いましょうか仲間と共に旅をしながら成 …

この世は回避可能なさまざまな不幸に満ちている by 『B・ラッセル 幸福論』【哲学】

  では、その「不幸」とはなんぞや。   Follow me!

汚職腐敗を摘発せよ! 『中国 新たな経済大革命』【書評】

  中国投資がアツイと聞いて。 ←   Follow me!