読書感想文

「しなきゃいけないこと」の99%は「本当は別にしなくてもいいこと」だ by しないことリスト【書評】

投稿日:

ゆるくて、強烈な1撃です。

おもしろい!(´∀`*)

日本一のニート「Pha」さんの著書です。

しないことリスト

「しなきゃいけない」で溢れかえる現代に
ちょっと待てよと教えてくれる1冊です。

これ私も本当に同意見ですが
しなきゃいけないことなんて全くないんですよ。

私も、したくないことは
一切やらないタイプです\(^o^)/

意味の解らない使命感に縛られて
自分を犠牲にして生きていても

最後に後悔するのがオチです。

やりたくないことは
頭を使えば誰でも切り抜けられるし

お金を払って
やりたい人にやってもらうなりすればいいのです。

「お金を使うか、時間を使うか」ってだけの話なので
私の人生は実にシンプルなんですね。

そんな感じで心と体が楽になる
「しないことリスト」

軽く紹介したいと思います。

お金で解決しない

そして、私の話とはいきなり矛盾する見出し。 ←

しかし
ここで言う「お金で解決しない」とは

お金を稼ぐために働いて

そのことでストレスを溜めて

そのストレスを解消するためにお金を使ってしまう

これは良くないよってことですね。

私の持論は
「やりたくないことはお金を払ってやりたい人にやってもらう」
ということです

「ストレスを解消するために贅沢する」とは
だいぶ違うんですね。

結局
ストレスを解消するために贅沢しても
お金がなくなって新たなストレスになる可能性もありますし

それなら、いかにストレスにならない環境を
お金を使って作っていくかという発想にした方が

効果もあるし、効率的ですよね。

「無理な贅沢」は「しなくていいこと」です。

積み上げない

私の好きな言葉に
「飽きる力」と言うものがあります。

我々人間は好奇心から新しいことを学び

飽きる力で、その学習分野を広げていく

人が飽きる力を失えば

「動くものを追い、手で触り、口に入れる」

という赤子の学習工程を繰り返し続けることになるだろう。

by 某ゲーマー

成功や実績を積み上げすぎると

飽きても同じ工程を繰り返すしかない状況になり
成長も止まり、息苦しくなります。

無理矢理「これが楽しい!」と自分に言い聞かせて
人生を無駄にしてる人が大半なんですね。

成功とは、過程が大事なだけであって
成功したら、それはすぐにでも捨てるべきなんです。

そもそも
過去の栄光を自慢気に晒しても

ハードルが無駄に上がったりして
まず、損しかしないので

「積み上げない」ことは大事ですね。

私も、興味の赴くまま
新しいことにバンバン挑戦していきますよ!

がんばらない

私が昔から
「頑張ろうぜ!」という体育会系のノリが大嫌いなのは

無理して頑張った割には
達成感や満足感が割りに合わない気がして仕方ないからです。 ←

なので私は一切、頑張りません\(^o^)/

「頑張らずになんとかする」という
孫子の「戦わずして、勝つ」みたいな

知的戦略に燃えるほうです。

そっちの方が
達成感や満足感が実感できるので大好きなんですよね。

怠け者ほど仕事をやりたくないので

どうすれば早く効率的に仕事を終わらせられるかを

真剣に考えるからだ

働き者は多少の面倒くさいことがあっても

根性でなんとかしてしまうけど

怠け者ほど面倒くさがって

効率のいい別のやり方を考えようとする

そこから新しい発想が生まれたりする

知的戦略に富んだ
有能な怠け者になろう。

「頑張る」ことを美徳にしてると、ロクなことないですよ。

そんな「しないこと」が詰まったリスト
人生のヒントが1つはあるはずです。

ゆる~くおすすめ!(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

「品がないね」と言ってくれる人はいない by 察する人、間の悪い人。【書評】

おもしろい! その裏に隠された、真実を読め! 察する人、間の悪い人。 私ももちろんそうですが本音を言う人は、まずいません。 「本音を言わない方が悪い」 なんて思っちゃう方は2ちゃんなどの匿名掲示板で相 …

no image

マンガーの投資術【書評】

投資の勉強に。 マンガーの投資術 バフェットの唯一無二のパートナーとして バークシャー・ハザウェイを支えてきた伝説の投資家、 チャーリー・マンガーの珠玉の名言集。  「今日のバークシャー・ハ …

no image

【書評】「墨龍賦」が震えるほどかっこいい

乱世に生きた絵師海北友松の伝記です。 墨龍賦 浅井氏家臣の武家に産まれるが長男が家を継ぐため京都の東福寺で僧となり そこで出会った狩野派の絵師に絵を習い乱世を生きながら独自の絵を描き続けた偉い人 の伝 …

no image

好きなことを創造する by 「好きなことだけやって生きていく」という提案【書評】

「好きなことを創り出す」という視線も大切です。 「好きなことだけやって生きていく」という提案 社会の仕組みなのか、日本の教育のせいなのか大人になると「好きなこと」というのが解らなくなります 結婚して、 …

no image

スノーボール【書評】

ウォーレン・バフェット氏の伝記です。 スノーボール 世界で最も有名な投資会社 バークシャー・ハザウェイの会長兼CEOにして、 世界で最も尊敬される大投資家ウォーレン・バフェット。 その知られざる生活、 …

IMG_0550.JPG

てきとうに生きてる投資家です。ダメ着の似合うおじさん。