無駄に考察する

「絶対に成功する法則」は、ない

投稿日:

やるだけです。

そもそも
おれが成功してねーっつー話だわな(´・ω・`) ←

成功するには?

「Youtuberになりたい」とか
最近ガチで相談されることがあったりしますが

なりたいなら
動画を撮ってYoutubeに投稿して宣伝して
広告を入れて収益化すればいいだけです。

これ以上のアドバイスはできません\(^o^)/

リアルな話をすれば
動画広告の世界は今やすごい参入数なので

投稿しても
まず、見てもらえませんよ。

「動画」ってコンテンツがそもそも
視聴者の時間を使わされる位置にあるものなので

見るとこ自体にためらう人が多いです。

よっぽど面白いか、有名な人でもない限り
そうそう収益化できるものでもないですが

もちろん、今から参入しても
Youtuberとして生活できる可能性は0ではありません。

あのヒカキンさんでさえ
最初の頃の再生回数は12回とかだったらしいですからね。

毎日動画を投稿して1年目にようやく収益化したくらいなので
よほど動画を作るのが好きじゃないと無理ですが

好きな方なら、成功する確率はグンと上がります。

その違いは
やるか、やらないか。

本当にそれだけですね。

パラダイム・シフト

おもしろい動画を1本でも撮ればいいんでしょー?

って考えは
今の時代に思いっきり合ってないので

あきらめたほうがいいです。 ←

「絶対に成功する法則を探す」という考え方から
「成功する確率を上げていく」という考え方に変えないと

まず、動画がヒットすることはないです。

「成功する確率」とは、もちろん
数多くの動画を上げまくることですね。

宝くじと一緒で
買わないと、当たりません。

上げた動画をヒットさせて
他の関連動画も見せられるのか

SNSでフォローがなくても
「毎日コンテンツを見に来ちゃう」
って人をどれだけ増やせるか

人の目に留まる確率は
宝くじを買えば買うほど上がります。

「こーゆー動画ならヒットする!」

という法則は
残念ながら存在してないんですね。

ということで

「ネットで副業してる」って言うと
たいがいそんな相談を受けたりしてますが

まあそんな感じです。 ←

私も偉そうに言えるほど稼いでませんが

0円だったのが徐々に収益になって来てるのを
自分で身をもって体験してるので

おお、まさにこれかと
実感してるとこです(笑)

宝くじがちょこちょこ当たり始めてる感じですかね。

1つ言うなら
Youtuberはかなり熾烈な競争があるので

特に動画にこだわりがなく
副業ならなんでもいい!って人なら

ブログで記事をいっぱい書いて
収益化することをおすすめしちゃったりしますよ。 ←

ブロガーとか
動画クリエイターに比べたら全然数が少ないし

稼いでる人は
ブログだけでトップYoutuberくらい稼いでる人もいるし

なにより

文字だと、動画より時間を取られないので
気軽に見てもらえたりしますしね。

とりあえず、どっちにしろ
常識をとっぱらうとこから始めましょう。 ←

大丈夫。

私も
ブログで金稼ぐなんて無理ゲーだろ
と思ってた人間の1人です。

成功する法則は
行動しながら探した方が効率がいいですよ。

これからの時代を担う人におすすめ!(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

古典をとにかく読み漁るおじさん

「人による」ところが面白いんです。 古典 旧漢字ばっかで書かれた古典の原文を見ても私が理解できる範疇ではないので 現代版に訳されたやつを読み漁ってますが「著者によって解釈が違う」のも面白い点ですよね。 …

no image

将来の夢は「何して稼いでるのかよくわからない人」

肩書なんていらねえ( ´゚д゚`) ミステリアスなおじさんです。 仕事はその時の気分 この状況を作れたらどんなに素敵でしょうガチめな将来の夢ですね。 そもそも私は仕事の予定というものが大嫌いなんですよ …

no image

独りで過ごす時間を創り出し、自分の「マニアック」を強化せよ

求められるのは、「レア」な存在。 「その他大勢」に価値はない と、エラソーに書いてますが 好きな著者さんの影響をモロに受けただけです☆(ゝω・)v 単純に、 将来全てが機械化したら 人間の価値は それ …

no image

「孤独死」の何が嫌なのかが全く理解できない

売れ残ったおじさんの主張。 理解不能 私はこのままだとほぼ確実に孤独死を迎えることになりますが そんな話をすると「嫌じゃない?」って聞いてくる方がいます。 これは「寂しくない?」って話だとは思いますが …

no image

自宅がライブ会場

ネット配信って凄いな。 これぞ、現世の理 SNSのみならずライブ配信サービスは着々と広まってますが これアーティストならやった方がいいですよね。 数十人、数百人単位のところで演じるくらいならネット配信 …