さくっと「ビジネス書」

心の上に刃を置いて「忍」 by 忍者はすごかった【書評】

投稿日:

忍者の兵法集です。

忍者はすごかった

黒装束で素早く動き、

手裏剣で敵を撃退する…


忍者に対するそんなイメージは、

すべてフィクションだった!


「忍者」という呼び名自体が

昭和三十年代に小説などを通じて定着したもので、

歴史的には「忍び」と呼ばれた。




最も大事な使命は、

敵方の情報を主君に伝えるため必ず生きて帰ること。


敵城に忍び込んで情報を得ることはもちろん、

日中は僧侶や旅人に化けて話を聞き出していた。


「酒、淫乱、博打で敵を利用せよ」「人の心の縛り方」など


忍術書の八十一の教えから、

忍者の本当の姿を克明に浮かび上がらせる。

by Amazon

漫画や映画などの影響で

どうしても
「特殊戦術部隊」という印象が強い忍者ですが

実は、
生きて情報を持って帰らなければならないため
「生き抜くことに重点を置いた」兵法が、忍術だったのです

まあ、スパイの心得ですわな。

当時はケータイでメール出来ないですからねえ。 ←

敵陣にとっ捕まったら
それこそエライ目に遭わされますので

「生きて情報を本陣に持って行く」ところや
「捕まったときの忍の心得」などは

読んでてゾッとするほどの覚悟があります。

戦術や情報が命がけだった時代に記された書物は
現代でも充分に通じるところがあるので

読んでみてはいかがでしょう。

あらゆる忍術書から抜粋された
日本を代表するエージェントたちの心得集でございます。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

「新種」がどんどん発見される理由がわかる!チャールズ・ダーウィン『種の起源』【書評】

  生物の進化は止まらない。   Follow me!

カテゴリーキング【書評】

  巨大なマーケットを牛耳る者の正体とはー!?   Follow me!

こんな生き方もあるのです 『サラリーマン2.0』週末だけで世界一周【書評】

  ネオ・リーマンです。   Follow me!

【書評】語彙力がないまま社会人になってしまった人へ

  語彙力がないまま社会人になってしまった でら幸太(@derakouta)です。こんばんは。 人との会話や手紙、企画のプレゼン等で 「こいつ出来る!( ;゚Д゚)」と思わせたい人におすすめ …

働きに見合わない報酬しかもらえないなら、そんな仕事はやめてしまえばいいのだ by 『仕事も人生も娯楽でいい』【書評】

  行動したくても出来ないなら、行動してる人に背中を押してもらえばいいのです。   Follow me!