さくっと「ビジネス書」

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師【書評】

投稿日:

インテリジェンス畸人伝。

汝の名はスパイ、裏切り者、あるいは詐欺師

パナマ文書、ウィキリークス、

トランプ大統領を誕生させたのは、

スパイのインテリジェンス力だ! 


プーチン、習近平はじめ、

世界のVIPを震え上がらせた「パナマ文書」、

アフガン戦争&イラク戦争の機密文書を公開! 

告発サイト「ウィキリークス」の主宰者、

サイバースペースの叛逆児アサンジ、

CIAの国家機密を内部告発したスノーデン、


詐欺師の父を持ち、

スパイからベストセラー作家に転身したジョン・ル・カレ、

銀座を愛し、

ニッポンの女性を愛した、20世紀最高のスパイ・ゾルゲ、、、


古今東西、稀代のスパイはみな、

人間味あふれる個性的なキャラクターばかり。


そんな彼らは、いったいどうやって

世界を揺るがす超弩級の情報を

どうやって手に入れたのか?


「最後の勝負は、いかに相手の懐深く飛び込み、

信頼を勝ち取れるかにかかっている。


人間力を駆使して

盛りかえる情報だけが、ダイヤモンドのような輝きを放つ」

(本文より)

by AMAZON

007シリーズなどの
スパイものが好きな人におすすめの1冊です。

そーゆー職種の人はいるんだろうなー

と、なんとなく思ってましたが
目の当たりにしてしまった衝撃があります。

「エージェント」って本当にいるんですね!(´∀`*) ←

「情報」には
国家を揺るがすほどの価値があるので

「いかにして機密情報を手に入れるか」が
スパイの腕の見せ所なわけですね。凄い世界です。

やっぱりノンフィクションものは面白いですね

知られざる、伝説の諜報者たちの記録です
連休中の脳細胞刺激に、ぜひ。

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

【書評】M

いつも一緒にいたかった~♪ ではなく馳星周先生の短編集です。 「世にも奇妙な物語」のアダルトバージョンてとこでしょうか。 ブラックで、ダークです。 馳星周・「M」 4つの官能的な物語が楽しると思いきや …

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …

人智を尽くして神意に近づけ! by 『人為バブルの終わり』【書評】

  今日も今日とて投資の勉強。   Follow me!

スタンフォードでいちばん人気の授業【書評】

  全力でおすすめです。 Follow me!

no image

【書評】言葉にできるは武器になる

2016年も終わりを迎えるので今年読んだ本でレビューしきれてないやつでも記事にします。 広告会社のトップライターが講師の国語の教科書ですね。 言葉に出来るは武器になる。 「世界は誰かの仕事で出来ている …