読書感想文

日本精神史 上・下【書評】

投稿日:

壮大な、歴史の旅へ。

日本精神史

「あえて定義づければ、人間が自然とともに生き、

社会のなかに生きていく、その生きる力と生きるすがたが精神だ」。

テキストとして残された思想はもとより、

土器や銅鐸、仏像、建築、絵巻、庭園など、

あらゆる文化を渉猟し、縄文時代から江戸時代の終わりまでを、

一望のもとに描く、まさに畢生の大作です。

ただし、著者は、難解であることを潔しとしません。


ヘーゲルのわかりやすい翻訳で脚光をあびたように、

あくまでも流麗な文体で、明解に描いていきます。

思想も絵画も仏像も、ひとしく日本の精神の歴史としてとらえ、

あらためて、日本とはなにかを問いかける清新な傑作と言えます。

by Amazon

縄文時代の遺跡から江戸時代の文学まで

日本人の精神の在り方を、
遺された芸術品などを通して振り返っていくという

めっさボリューミーな作品です。

時代が変わるたびに、芸術の作風も変わりますし
新しい異国の風が吹けば、精神も変わって行くのですが

日本人としてのイデオロギーは
やはり、遺された歴史の真にあるなあと思いました。

  • 政治の基盤となった仏教や儒教、
  • エンターテイメントである絵画絵巻に演劇
  • 貴族の恋を歌った和歌や俳句などなど

全三十五章に渡り
歴史に沿って解説されております。

日本の芸術や思想などに
昔から興味はあったのですが

単純に
秋の夜長に分厚い本を読んで
思考に浸りたかったんです(´・ω・`)

おもしろいです
歴史の旅に出たい方は、ぜひ。

みんなの大好きな

春画(当時のえっちな絵)の話もあるよ!(´∀`*)

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

結果を引き出す 大人のほめ言葉【書評】

ほっこりする1冊です(´∀`*) 大人のほめ言葉 「ほめる」とは、人・モノ・出来事の「価値を発見して伝える」ことです。 ほめるところがないように見える部下だとしても、 ・契約は全然取れないけれど、誰よ …

PARANOID SURVIVE ~パラノイアだけが生き残る~【書評】

  迫りくる「変化」に対応するには?   Follow me!

no image

【書評】「憧れ」の思想

上級者向けの自己啓発本ってイメージです。 「憧れ」に死すべし。 「憧れ」の思想 やたらと宇宙と人間の関係を説いたり「宇宙宗教家かなにかですか?」みたいな内容だったりしてちょっと怖いですが インスパイア …

no image

プライドが高くて迷惑な人【書評】

よく見かけますねえ(´∀`*) プライドが高くて迷惑な人 なぜか「自分は他人とは違う」と思っている人の精神構造とは?  自分もそんなイタイ人にならないために気をつけたほうがよいこととは? 人 …

no image

ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる!【書評】

情報社会をサバイブしようず。 ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる! 最近流行りの(?)フェイクニュースなどもそうですが 人の意見は基本的に利害によってねじ曲がったニセモノですので 鵜呑 …