さくっと「ビジネス書」

SHOE DOG -靴にすべてを- 【書評】

投稿日:2017年10月30日 更新日:

 

これはエキサイティングですね~。

 

シュー・ドッグ

父親から借りた50ドルを元手に、アディダス、プーマを超える売上げ300億ドルの会社を創り上げた男が、ビジネスと人生のすべてを語る!

1962年晩秋、24歳のあるアメリカ人が日本に降り立った。彼の名はフィル・ナイト。のちに世界最強のブランドの一つとなる、ナイキの創業経営者だ。

オニツカという会社がつくるシューズ「タイガー」に惚れ込んでいた彼は、神戸にあるオニツカのオフィスを訪れ、役員たちに売り込みをする。

自分に、タイガーをアメリカで売らせてほしいと。

スタンフォード大MBA卒のエリートでありながら、なぜあえて靴のビジネスを選んだのか?

しかもかつての敵国、日本の企業と組んでまで。

「日本のシューズをアメリカで売る」。人生を賭けた挑戦が、このとき始まった!

by Amazon

普通に映画化されるんじゃないかこれ。って内容です。おもしろいですね~

スポーツブランドNIKE創設者、フィル・ナイトの自伝書でございます。

いや~、なんか泣けた(´;ω;`)

 

昔からナイキのシューズが好きで何足か持ってますが、やっぱりかっこいいんですよね。単純に。

もともとはもちろんスポーツシューズ。なのでアスリート用に機能を重視されてるので、履きやすいし、動きやすい。

しかも、かっこいい。 ←2回目

 

読了しましたが、ますますナイキが好きになりましたね。

シューズに全てをかけた男の生き様です。

ビジネス話あり、友情あり、家族愛あり、ラブストーリーありと約600ページに渡るアツイ物語です。

ナイキが好きな方は、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

偉大なる失敗集← 『あの天才がなぜ転落』【書評】

  なんて見事な失敗っぷり。   Follow me!

いつの時代も「税金」は嫌われ者なんです 『脱税の世界史』【書評】

  みんな税金から逃れようと必死やな。 ←   Follow me!

鎌倉時代のエッセイ 『徒然草』【書評】

  古典です。   Follow me!

no image

宝くじで1億円当たった人の末路【書評】

こーゆーのが気になるタイプです。 宝くじで1億円当たった人の末路 単純に 気になるじゃないすか(´∀`*) ← ってことで末路が気になる人たちを 著者さんが専門家にインタビューして本書用に編集した1冊 …

『人間+マシン AI時代の8つの融合スキル』【書評】

  わかりやすい!   Follow me!