さくっと「ビジネス書」

となりの億万長者【書評】

投稿日:2017年10月22日 更新日:

 

お金持ちになりたい人へ。

 

 

となりの億万長者

億万長者とは、実際どんな人々なのか?─

アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査。

結果は驚くべきことに、彼らのほとんどはありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」だったのだ! 

では億万長者でない普通の人々や、所得は多くても資産の少ない人々と、彼らはいったいどこが違うのか? 

本書は、そうした本物の億万長者の日常の暮らしぶりから学ぶべき「7つの法則」を導き出し、成功と幸福を手に入れたい読者に伝授する。

多くの読者を得た実績あるロングセラーが、コンパクトな〔新版〕として登場!

by Amazon

お金持ちについて、よく研究された1冊です。

 

日本の文化的に「お金が大好きだーっ!」って言っちゃうと

「金の亡者か(´・ω・`)」的な白い目で見られるので大声では言えませんが

本当は好きなんだろう?(´∀`*) むっつりすけべめ!

 

と、いうことで大きな声では言えないけど

お金がたくさん欲しいなら、お金持ちを研究するのが最も効率がいいのです。

 

内容は「納得」の一言ですね

逆に言えば
中に書いてあることにいちいち感銘を受けるようであれば
そうとうお金の無駄遣いしてると思いますよ。

「消費」と「浪費」と「投資」は全然違うのです。

 

手に入れた1万円を

あなたなら「使う」
それとも、「増やす」

 

 

億万長者のマインドになれます。 ←

老後まで働きたくない人は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた【書評】

  『われわれのフライングスタートで最も重要な部分は「知識」だ』 by ジョン・ウィンダム   Follow me!

働きに見合わない報酬しかもらえないなら、そんな仕事はやめてしまえばいいのだ by 『仕事も人生も娯楽でいい』【書評】

  行動したくても出来ないなら、行動してる人に背中を押してもらえばいいのです。   Follow me!

no image

宝くじで1億円当たった人の末路【書評】

こーゆーのが気になるタイプです。 宝くじで1億円当たった人の末路 単純に 気になるじゃないすか(´∀`*) ← ってことで末路が気になる人たちを 著者さんが専門家にインタビューして本書用に編集した1冊 …

しっかり理解しているから、言葉を短くできる by 『ひと言で伝えろ』【ビジネス】

  時短術です。   Follow me!

no image

世界経済全史【書評】

おかねのれきし。 世界経済全史 「51の転換点」で経済を動かした出来事がわかる! 「経済を読むPOINT」で出来事の背景がわかる! 「わかりやすい解説」で国々の思惑がわかる! バブルや停滞はなぜ起こる …