さくっと「ビジネス書」

カテゴリーキング【書評】

投稿日:2017年11月20日 更新日:

 

巨大なマーケットを牛耳る者の正体とはー!?

 

カテゴリーキング

多くのスタートアップ企業が淘汰され消えていく中で、画期的なイノベーションを実現して大成功を収める会社の違いは何?

エルヴィス・プレスリーは単なるキングではなく、“カテゴリーキング”なのは、なぜ?

彼らはみな、製品やサービスの新たなカテゴリーを創造し、発展させ、そして支配し続けてきたのだ。

シリコンバレーのコンサルタント会社「プレイ・ビガー」の3人は、起業家、企業幹部、アドバイザーなどとして活躍してきたなかで、様々な成功と失敗を経験し、多くの企業のトップにインタビューをして「カテゴリー」というコンセプトに行き着いた。

よい製品やサービスを作り出すだけではなく、「新しいカテゴリーを打ち立てる」とは何なのか。

by Amazon

ビジネスに燃えて来る本です。

 

誰も見た事ないようなカテゴリーとはベター(改良品)ではなく、ディファレント(別のもの)なんです。

そのカテゴリーを支配できれば二番煎じでは追いつけない理屈があるんですね。

 

なぜ、GoogleやAmazonがカテゴリーの頂点にいるのか―

こーゆービジネスを徹底的に研究した戦略本は本当に刺激になりますね。啓発や新しい発見もあっておもしろいです。

 

CEOにももちろん、私と同じく、「自分メディア」を作る人にもおすすめですね。

「ブルーオーシャン戦略」というものがさらに深く理解できました。

ビジネスに燃えたい方は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

【人生】パートナーは宇宙人【省エネ】

STOP!夫婦喧嘩! ヒステリー化した女性をなだめる時に使うエネルギーはだいたい元気玉2つぶんくらいです。 (でら幸太調べ) 異性は違う星から来た生命体 そもそも、男と女では脳の作りや見た目からして違 …

あなたはあなたの食べたものでできている by 『あなたの体は9割が細菌』【書評】

  頑張れ微生物!(´∀`*)   Follow me!

ただ、「止まれ」 by 『脳は「ものの見方」で進化する』

  大事なことです。   Follow me!

no image

古典をとにかく読み漁るおじさん

「人による」ところが面白いんです。 古典 旧漢字ばっかで書かれた古典の原文を見ても私が理解できる範疇ではないので 現代版に訳されたやつを読み漁ってますが「著者によって解釈が違う」のも面白い点ですよね。 …

no image

教養としての「世界史」の読み方【書評】

「愚者は経験から学び、賢者は歴史から学ぶ。」 教養としての「世界史」の読み方 「歴史は繰り返される」という言葉は昔からよく聞いてましたが いまいち実感がなく、「そうなんだー」ぐらいにしか思ってませんで …