さくっと「ビジネス書」

ブロックチェーンは「これから本番」 by 『After Bitcoin』【書評】

投稿日:

 

ビットコインの仕組みと、「これから」の話です。

 

アフター・ビットコイン

ビットコインは「もう終わった」。
ブロックチェーンは「世界を変える」。

未来の通貨として注目されるビットコインが最高値を更新し続けていたさなか、
日銀出身の決済システムの第一人者が、「バブル崩壊」をその設計と運用の両面から
いち早く予測。
さらに「ビットコイン以後」を見据えて、ゴールドマン・サックスや三菱東京UFJ銀行、
そして各国の中央銀行や証券取引所などが、仮想通貨の中核技術「ブロックチェーン」を
使って、金融界に大革命を起こしつつある状況を鮮やかに描く。

by Amazon

世界中の投資家たちを熱狂の渦に巻いてるビットコインについて、細かい見解がなされた1冊です。

 

確かに、ビットコイン(BTC)には終わりを迎える要素が最初からあり、

  1. BTCはブロックチェーンという帳簿に取引記録を書き加え続けるシステムで成り立ってる
  2. その帳簿を書き加え続けるには、マイニング(採掘)でブロックを新しく制作しないと記録が書けなくなり、偽造されてしまう
  3. そのマイニングには、高度な技術と膨大な電気量が必要になる
  4. なので、マイニングをしてくれた人にビットコインを掘った分プレゼント!
  5. ところがビットコインは2100万枚以上掘れないので、2100万枚掘ったら終了
  6. と、いうことは帳簿に取引記録が書けなくなってしまうので、ビットコインのシステム自体が動かなくなる
  7. \(^o^)/オワタ

と、いうことです。

 

このシステムで言えばビットコインを動かすエンジンはいずれ止まってしまうので

そのことからも「ビットコインはバブル」ということが言えますね。

 

資産がバンバン増えて行くのを見てるのは楽しいですけども。 ←

 

とは言っても、2100万枚掘り終わるのは、およそ2140年と100年以上先らしいし、

BTCと同じようなアルトコインも種類がたくさんあるので

BTCだけじゃなく、暗号通貨の高騰はしばらく続くと思いますが、

 

「報酬ないけど、難しい取引承認作業をボランティアでやってくれる人かロボット」でも現れない限り

1つのコインが永続することはないでしょうね。

 

注目は、「ブロックチェーン」という技術

実際に仮想通貨を取引してみるとわかりますが、

一瞬で何十万も価値が上下するというなんとも心臓に悪いものなので

お金として使うには、かなり不便です。

 

しかし、この偽造することが難しい上に、シンプルな仕組みのブロックチェーンという技術は

あらゆる機関で革命を起こすことが出来るのです。

 

  • 世界中で、ブロックチェーンを使って何が行われようとしてるのか
  • それによって経済はどう変わって行くのか
  • 私たちの生活は良くなるのか、悪くなるのか

 

と、今はまだ研究段階で技術自体ふわふわした部分もあるので

今の現状と照らし合わせてみると、BTCやブロックチェーンの見かたも解ると思います。

 

なので、資産を増やそうと思って仮想通貨に生活資金をむやみに突っ込まないように!

勉強のつもりで、お小遣い程度で遊びましょうね。

 

 

円をデジタル化するのはいいけど1000兆円の借金はどうするつもりなんだろうか(´・ω・`) ←

 

ビットコインを渡ってやってきた、革新的なブロックチェーンの「これから」のお話です。

 

興味のある方は、ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

PARANOID SURVIVE ~パラノイアだけが生き残る~【書評】

  迫りくる「変化」に対応するには?   Follow me!

これぞ「男」の読書! 『読書という荒野』【書評】

  最近は見城さんにシビレております。   Follow me!

私たちの誰もが、自分が経験した現実によって脳の構造を変えている by 『脳は「ものの見方」で進化する』【書評】

  定期的にアップデートしていきましょう。   Follow me!

【書評】LIFE 人間が知らない生き方

  生き方のヒントは自然界から学びましょう。   Follow me!

no image

【書評】すぐ使える!四字熟語 頭の良さは「語彙力」で決まる

ここでも、効率化してみる。 便利なものは使っていくスタイル。 すぐ使える!四字熟語 自分が置かれた状況や、思ってる事を効率化して伝える最適なツールが四字熟語です。 メールでも、SNSでも長文をだらだら …