さくっと「ビジネス書」

【書評】語彙力こそが教養である

投稿日:2017年12月28日 更新日:

 

ヤバイです。 ←語彙力

 

語彙力こそが教養である

その一言に知性は滲み出る。誰でもできる珠玉の言葉を血肉にする技術。

18万部突破!語彙力ブームは本書から始まった!

語彙が豊かになれば、見える世界が変わる。
教養あふれる大人になるための、実践的「語彙力向上講義」。

by Amazon

どれだけ知識があっても、解りやすく伝えれなければ「頭が悪い」と判断されてしまいますので「語彙力」はとっても大事だね!ってのがよく分かる1冊です。

 

とは言っても、言葉の意味を相手が理解してなければ意味がないので難しいところなんですよね。

「ちょっと知的な自分を演出できる」材料として読むのが良いかも知れません。

 

たしかに、言葉をたくさん知ってて使いこなす人は教養があるように見えますからね。

相手が「なんとなくニュアンスは解る」ぎりぎりのラインを攻めることが出来れば

かなり「頭いいな」と思わせることが出来そうです。

 

と、まあ単純に言葉を覚えると説明が楽になるので語彙力は鍛えて損はないです。

気軽にさくっと読んでみてはいかがでしょう。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

『POPULAR 「人気」の法則』【経済】

  「評判」「信用」が価値になる時代へ。   Follow me!

そんなこと考えたって仕方ないよ by 『ひねくれ古典「列子」を読む』【古典】

  ひねくれてますなあ。   Follow me!

【書評】銃・病原菌・鉄

  歴史ミステリーです。   Follow me!

バフェット 伝説の投資教室【書評】

  投資の勉強です。 Follow me!

no image

【書評】やわらかい頭の作り方

「常識」にとらわれ過ぎないように。 おもしろい人になろう。 やわらかい頭の作り方 つまらない人になりたいか、おもしろい人になりたいかそれだけの話ですね。 常識にとらわれ過ぎれば、つまらないしぶっ飛んだ …