読書感想文

【書評】京大式DEEP THINKING 最高の思考力

投稿日:2017年12月10日 更新日:

 

「深く考える」を考える考察です。

 

京大式DEEP THINKING

 

この本では、

「考える力の正体」に迫って「思考の悩み」を解決すべく

京都大学で「不便なこと」について研究しているデザイン学の川上教授が、

 

・「考える」とは何なのか?

・「考え抜いた」とはどういう状態なのか?

・どうすれば「思考力」を高められるのか?

 

を教えてくれます。

by Amazon

 

「深く考えるとは?」がよくわかる1冊です。

 

俗に言う、「頭がいい人」とは
知識がたくさんある人のことではなく、

「深く考えることが出来るかどうか」だと
著者さんは指摘します。

 

これ凄い大事なことですよね。

 

AIなどはビッグデータを処理することは出来ますが
「深く考察する」ことは人間にしかできないことなので、

これからは頭を使うことが大事な時代になってきます。

 

たしかに頭のいい人は
いろんな知識があるだけじゃなく、

説明もわかりやすく、簡潔でおもしろいですよね。

「この感覚をどう言語化できるか」というところだけじゃなく

相手も楽しめるようなユニークさ
という付加価値まで付けてきます。

 

私も、ここに深い思考があるんじゃないかなと思います。

 

「深く考える」って言われても
なんのことかよく解らない部分もあるので

まずは
本書の目的の1つでもある

大筋をそれずに、ユニークな答えを出すこと
に集中して深く考察するのが良いと思いますよ。

 

 

まさか「鉛筆」ってテーマだけで
最初から最後まで勉強になるとは思わなかった( ;゚Д゚)

良著です。おすすめ!(´∀`*)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-読書感想文

執筆者:

関連記事

no image

人を洗脳しようとする残念な人達

必死ですなあ(´∀`*) どこに行っても1人は必ずいるもんですね。 「おれをリスペクトしろ、おれには価値がある」的な空気を出す残念な輩。 めんどくせえよ( ´゚д゚`) 自分に興味を集めるためなら他人 …

no image

魔法のコンパス

キングコングの西野亮廣さん著 魔法のコンパス。 これ面白いですね色んなとこで話題にもなってますが 視点が別次元で色々と勉強にもなりました。 書かれてる内容は日本でまともな教育を受けて来た人ほど恐ろしい …

no image

ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる!【書評】

情報社会をサバイブしようず。 ホンモノを見分けられる人に、お金は転がり込んでくる! 最近流行りの(?)フェイクニュースなどもそうですが 人の意見は基本的に利害によってねじ曲がったニセモノですので 鵜呑 …

ブロックチェーンは「これから本番」 by 『After Bitcoin』【書評】

  ビットコインの仕組みと、「これから」の話です。   Follow me!

no image

「梅原さんの全盛期はいつですか?」「今です」 by 勝ち続ける意志力【書評】

17歳にして世界一になり「最も長く賞金を稼ぐプロゲーマー」としてギネスにも認定されたプロ格闘ゲーマー 梅原大吾さんの著書です。 これぞ、プロ。 世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」 格ゲーファンなら一度は …