さくっと「ビジネス書」

時間に「退屈」をさせられる by 『暇と退屈の倫理学』【書評】

投稿日:

 

人間は「自由」という名の刑に処されている。ってやつですね。

 

暇と退屈の倫理学

何をしてもいいのに、何もすることがない。だから、没頭したい、打ち込みたい……。でも、ほんとうに大切なのは、自分らし
く、自分だけの生き方のルールを見つけること。

by Amazon

ヒマなおじさんです。こんにちは。

 

「暇」と「退屈」について、徹底的に哲学していく1冊です。

人間に生まれた以上、「ヒマ」と「退屈」とは切っても切れない関係にあるので

それらを深く考察していきましょう。ってことですね。

 

なかなか苦痛じゃないですか、退屈な時間って。

 

それは今に始まった事ではなく、脳が発達すればするほど現れる「時間」のことなので

歴代の哲学者たちもこぞって熟考してきたわけですね。

 

ただ、ぼんやりと退屈で苦痛な時間を過ごしてるより

「この時間はいったい何なんだ」と研究してみるのも良いですね。

 

暇だし(´・ω・`) ←

 


 

「暇」と「退屈」について考察が広がる1冊です。

 

「おヒマ潰し」に。ぜひ。

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

これぞプロギャンブラーの神髄! 『勝率9割の選択』【ビジネス本】

  ビジネスで勝ち続けるためには―!?   Follow me!

『ニューエリート グーグル流・新しい価値を生みだし世界を変える人たち』【ビジネス】

  新時代のエリートとは?   Follow me!

君はゼロから何を生み出せるか? ピーターティール『ZERO to ONE』【書評】

  刺激になります!   Follow me!

no image

古典をとにかく読み漁るおじさん

「人による」ところが面白いんです。 古典 旧漢字ばっかで書かれた古典の原文を見ても私が理解できる範疇ではないので 現代版に訳されたやつを読み漁ってますが「著者によって解釈が違う」のも面白い点ですよね。 …

no image

幻の黒船カレーを追え【書評】

壮大な、冒険記。 ← 幻の黒船カレーを追え カレーライスのルーツを探りにヨーロッパへ  幕末に日本に上陸したといわれるカレー。 それは一体どこから来たのか、 そしてその味はどんなものだったの …