さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

【書評】第三のチンパンジー

投稿日:2018年1月20日 更新日:

 

宇宙人から見た人間は、第三のチンパンジーです。

 

「人間とは何か?」という問いに対して1つの答えですね。

 

第三のチンパンジー

チンパンジー(コモンチンパンジー)、ボノボ(ピグミーチンパンジー)と人間の遺伝子はじつに「98.4%」が同じ。人間は「第三のチンパンジー」。

たった「1.6%」の差異が、なぜここまで大きな違いを産み出したか?

分子生理学、進化生物学、生物地理学等の幅広い知見と視点から、壮大なスケールで「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド教授の記念すべき第一作が、より最新の情報をふまえ、読みやすくなって登場!

by Amazon

まあ、動物すべては「モテるため」に生きてますよね。 ←

「生活するのに精いっぱい」になるとそれこそ野生の動物と変わらないどころか、「以下」になるわけです。

 

われわれ人類はモテるために芸術やエンターテイメントを生み出しただけでなく、さかのぼれば

  • 言葉を生み出してコミュニケーションを円滑にしたのも
  • 皮膚や目や髪の色の違いが環境に依存してるだけじゃないのも
  • 子孫を残すという目的以外で性行為に及ぶのも

第三のチンパンジーが頭を使った恋愛に特化した結果だと思います。

人類の歴史を知れば知るほど、ここに辿り着いてますね。

 

もちろん、ジェノサイド(集団殺戮)の歴史や薬物中毒にハマる理由なども含めて

「子孫を残すために生きる人類」についていろいろと考えさせられる1冊でした。

 

 

「第三のチンパンジー」は奇妙でユニークな生き物だった。 ←

 

おもしろかったです。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

目指せ!楽しい人! 『一緒にいると楽しい人、疲れる人』【発見】

  人生のお勉強。   Follow me!

no image

世界のエリートは10冊しか本を読まない【書評】

これは合理的ですね。 世界のエリートは10冊しか本を読まない 世界最高峰のハーバードで学んだ、 桁外れな結果を出す読書術!  もう、「速読」も「多読」もいらない!  サンリオ、LI …

no image

【書評】ヘル・ウィーク

こーゆー新刊が売ってるとついつい読んでしまうんですよ。 自分の能力を1週間で極限まで伸ばすレッスンです。 HELL WEEK 英陸軍や特殊空挺部隊が実際に行う訓練で「地獄の一週間」と呼ばれるメンタルト …

【書評】本当に集中できた瞬間だけが人を強くする

  コーヒーが好きなので。   世界一のバリスタが持つ集中術です。 Follow me!

no image

【書評】モヤモヤするなら自分に聞けっ!「最高の結果を引き出す質問力」

「自分の胸に聞いてみな」的なアレですね。 何かを変えたいなら質問しよう。 最高の結果を引き出す質問力 引きこもりのプロフェッショナルでら幸太(@derakouta)です。こんにちは。 この歳になるとい …