さくっと「ビジネス書」

【書評】第三のチンパンジー

投稿日:

 

宇宙人から見た人間は、第三のチンパンジーです。

 

「人間とは何か?」という問いに対して1つの答えですね。

 

第三のチンパンジー

チンパンジー(コモンチンパンジー)、ボノボ(ピグミーチンパンジー)と人間の遺伝子はじつに「98.4%」が同じ。人間は「第三のチンパンジー」。

たった「1.6%」の差異が、なぜここまで大きな違いを産み出したか?

分子生理学、進化生物学、生物地理学等の幅広い知見と視点から、壮大なスケールで「人間とは何か」を問い続けるダイアモンド教授の記念すべき第一作が、より最新の情報をふまえ、読みやすくなって登場!

by Amazon

まあ、動物すべては「モテるため」に生きてますよね。 ←

「生活するのに精いっぱい」になるとそれこそ野生の動物と変わらないどころか、「以下」になるわけです。

 

われわれ人類はモテるために芸術やエンターテイメントを生み出しただけでなく、さかのぼれば

  • 言葉を生み出してコミュニケーションを円滑にしたのも
  • 皮膚や目や髪の色の違いが環境に依存してるだけじゃないのも
  • 子孫を残すという目的以外で性行為に及ぶのも

第三のチンパンジーが頭を使った恋愛に特化した結果だと思います。

人類の歴史を知れば知るほど、ここに辿り着いてますね。

 

もちろん、ジェノサイド(集団殺戮)の歴史や薬物中毒にハマる理由なども含めて

「子孫を残すために生きる人類」についていろいろと考えさせられる1冊でした。

 

 

「第三のチンパンジー」は奇妙でユニークな生き物だった。 ←

 

おもしろかったです。おすすめ!(´∀`*)

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

他人や、ほかのことに言い訳を作るな by 『自分のことだけ考える。』【書評】

  いい刺激になります。   Follow me!

no image

都合のいい読書術【書評】

本の本質は、才能を映し出す鏡である。 by 本書。 都合のいい読書術 本書冒頭で著者は、フェイスブック創業者、 マーク・ザッカーバーグ氏が選んだ必読書リストについて、 噛み応えがあり、栄養価の高いもの …

人間が生きていることを実感するのは、リスクを選ぶときだ by 『悪癖の科学』【書評】

  これは目からウロコですね。   Follow me!

no image

【書評】教団X

アマゾンの評価は酷い事になってますが 私はこーゆー作品も好きですけどね。 ポロリもあるよ!(´∀`*) 教団X 忽然と消えた彼女の背後に浮かび上がる2つの教団。 570ページほどの分厚い内容の中でいろ …

やってみたいような、やりたくないような… 『動物になって生きてみた』【書評】

  「やってみた」系のノリです。   Follow me!