さくっと「ノンフィクション・歴史」 さくっと「ビジネス書」

壮絶なノンフィクション! by 『メキシコ麻薬戦争』【書評】

投稿日:2018年2月7日 更新日:

 

イギリス人ジャーナリストが追った「メキシコのリアル」です。

 

メキシコ麻薬戦争

グローバル化社会の影にひそむ不条理な日常。

米国人のあくなき需要を満たすため、米墨国境を越える末端価格300億ドルもの麻薬。
幾重にも張りめぐらされた密輸人のネットワーク。警察と癒着したカルテル間の抗争とおびただしい死者。
軍隊並みの装備で国家権力に対抗するパラミリタリー。麻薬王たちの豪奢な暮らし。
10代で「殺し屋」となり、たった85ドルで殺人を請け負う少年たち……。

メキシコとアメリカの歴史的な関係を背景に、近年のグローバル化と新自由主義の進展のひずみの中で急拡大した「メキシ
コ麻薬戦争」の内実を、綿密な調査に基づき明らかにするルポルタージュ。
米墨国境地帯で麻薬取引と暴力に依存して生きる「ナルコ(麻薬密輸人)」たちに密着し、犯罪者たちの生活や文化、彼らを
取り巻く凄惨な暴力の実態を明らかにすると同時に、世界各地で注目されている「麻薬合法化」の議論など、問題解決に向
けた方向性も指ししめす。

ひとりの映画作家が”命がけ”で善悪の境界を暴き出す、もっとも危険なドキュメンタリー映画「カルテル・ランド」が各国
の映画祭で激賞され、現在公開中です。
「メキシコ麻薬戦争」は、メキシコ麻薬戦争をより深く知るための必読書です。

by Amazon

そりゃ国境に壁を建てたくなるわ。とか思っちゃう1冊です。

 

メキシコは「麻薬」に対して壮絶な歴史と現実を持った国ですね。

結局アメリカのゲットーや香港の九龍と同じく、「ギャングに入らないと生活が出来ない」という部分を政治的になんとかしないと負のループですよね。

「上部の人間が下から甘い蜜を吸い上げる」という構造が、国家を衰退させるのです。

 

メキシコは音楽も良いし、タコスも絶品だし、女の子もカワイイ素敵な国だと思うので

「麻薬戦争」は早いところ「過去の出来事」にして欲しいですよねえ。

 

アメリカの大学生がパーティーでハイになるために、殺人が起こってるのです。

 

 

それにしても筆者さん、すごい度胸です。 ←

 

メキシコが麻薬と共に歩んできた歴史から、現在の麻薬戦争の実態麻薬戦争終結の道まで一気に読めました。

世界のリアルを知りたい方は、ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ノンフィクション・歴史」, さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

マンガーの投資術【書評】

投資の勉強に。 マンガーの投資術 バフェットの唯一無二のパートナーとして バークシャー・ハザウェイを支えてきた伝説の投資家、 チャーリー・マンガーの珠玉の名言集。  「今日のバークシャー・ハ …

しっかり理解しているから、言葉を短くできる by 『ひと言で伝えろ』【ビジネス】

  時短術です。   Follow me!

ピクサー流 創造するちから【書評】

  みんな大好き「ディズニーアニメ」の経営哲学書です。   Follow me!

微生物がつくる世界 『土と内臓』【書評】

  健康マニアのアナタに、ぜひ。   Follow me!

勝つためにはなんでもあり! by マンガ ヤクザ式 10秒で立場が逆転する心理交渉術【書評】

  交渉術は、アウトローに学べ。   Follow me!