無駄に考察する

「ヘイトスピーチ」に耐性を持つこと

投稿日:

 

ぎゃーぎゃー騒いだところで、なくならないでしょう。

 

「世界を変える」じゃなく、「変化する世界に適応する」

「ヘイトスピーチをやめよう!」的な運動を外野から眺めてますが、まあ無駄なことしてるなあ。という印象しかないです。

「そのメッセージを送信する前に、もう1度確認しろ」とか「相手の立場になってみろ」とか

ビルゲイツやボブマーリーが訴えたとしても、ヘイトスピーチがなくなることはないですよ。

 

歴史ものの本などを読んでると、「世界を変えた人たち」みたいなのが出てきますが

私の見方としては「世界を変えた」というより、彼らは「変化する時代の最先端に辿り着けた」人たちです。

 

たとえ1人の胸に届いて「ヘイトスピーチをやめよう!」と改心しても、新しいのが沸いてきます。世界はそーゆー風に出来てます。

それこそ、「世界がゴッソリ変わる」ような天変地異でも起こらない限り、ヘイトスピーチを根絶やしにすることは不可能でしょうね。

それどころか、「個人の価値」が高まる時代に「ヘイトスピーチする側にも人権がある」方向に時代が進めば、ヘイトスピーチは盛り上がる一方になります。

どんなカリスマ性のある有名人が訴えたところで、ヘイトスピーチを根絶やしにすることは出来ません。

 

と、いうことで「ヘイトスピーチに対する耐性」を人1人が学んだ方が早いと思いますよ。

 

人間ですから、それぞれ「弱点」は必ず存在しております。

自分の弱さに向き合って、弱点を知り、対策を学ぶことは大事ですね。

 

人々は今、「時間やお金」といった強烈なストレスに晒されて「勉強する余裕」すらない人ばかりです。

「楽して金を稼いでるように見える人」は叩かれて当たり前の時代にしか、私の目には見えてません。

 

「変化する時代の最先端」は、「個人の強化」だと認識しております

「ヘイトスピーチに対する抗議」みたいな活動は何年やっても意味ない気がしますね。時間がもったいない。

 

「Disに対する耐性」を学んだ方が効率がよろしいと思いますよ。

 

「セクハラがなくならない」のも、同じ理由でしょうかね。

人類が想像的な脳を持って約7万年。セクハラがなくなった気配が見られません\(^o^)/

と、いうことは「セクハラやめろー!」という活動に意味はないということです。個人で「セクハラを避ける知恵」をつけるしかない。

 

私を含めて、いい加減人類は学習した方が良さそうですね。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

人生は『Win-Win or No-Deal』

  考察していきます。   Follow me!

「会社員」+「投資家」+「複業家」というスタイル

  最強なんじゃないかという気がしてくる。   Follow me!

no image

自分の子供に老後を丸投げするとか酷すぎ

  私は長男ですが 親の面倒を見るとかは別物だと思ってます。   冷たい人間と思われそうですが、仕方ない。   親のために生まれたわけでもないですしおすし 「生んでもらっ …

「信用通貨」という経済圏

  マーク・ザッカーバーグが狙ってるところ。   Follow me!

労働の「負のループ」から脱却せよ!

  すべては、「働きたくない」という情熱から。 ←   Follow me!