さくっと「ビジネス書」

ゾンビの脳はどうなっているのか? by 『ゾンビでわかる神経科学』【書評】

投稿日:

 

ほんとアメリカ人ってこーゆーの好きですよね。私も好きですが。 ←

 

ゾンビでわかる神経科学

ゾンビの脳は、どうなっているのか?

米国の神経科学者ふたりが、大真面目に考えた。ゾンビ研究の最先端、禁断の翻訳!!

***ゾンビ症候群の診断書***
病名:意識欠陥活動低下障害(Consciousness Decit Hypoactivity Disorder/CDHD)
症状:CDHDは後天性の症候群で、患者は活動を意図的に制御できず、無気力で疲れきったような動きを見せたり(運動感覚消失)、喜びの感覚を失ったり(快感消失)、全般的な言語機能障害(失語症)や記憶障害(健忘症)に陥り、摂食などの欲求行動や攻撃的「闘争・逃走」行動を抑えられなくなる。患者はしばしば、見慣れた物や人を認識するのが著しく困難になり(失認症)、持続性睡眠障害が慢性的不眠症という形で表れた結果、やがて「覚醒せん妄」状態にいたる。患者はまた、反社会的行動パターン(人をかんだり食べたりしようとする)も見せ、そうした典型的暴力行為の標的は生身の人間のみに限られる。いっぽう、ほかの感染者に対しては非常に強い向社会的な行動が表れる。その証拠に、感染者は群れ、「群知能」を発揮する。

by Amazon

ゾンビを本気で研究してみた!って本です。

まあ、ゾンビの事がよく解ったところで「何なの?」って話にもなりますけどね。

しかしながら、この意味のなさげなユニークさがたまらないのです!(´∀`*)

 

「ゾンビ」って聞いても、

  • 死んだ人が蘇った「幽霊」と「バケモノ」の中間的な存在
  • 噛まれると、自分もゾンビ化する
  • ゾンビを倒すならヘッドショット!それか燃やす!

それくらいの知識しかないですよね。

 

もともとはゾンビも「人間」だったわけですから。

その人間がゾンビになる時、神経や脳に何が起こってるのかがよくわかる本ですね。

 

な?もうこの時点でなんとなくくだらない匂いがしてくるだろう? ←

 


PS4 – デッドライジング4 

 

ゲームや映画やドラマなどなど今や世界中で空前の「ゾンビブーム」ですからね。

本気で研究してみた!的な専門書が出てもおかしくないでしょう。

 

もし、世界にゾンビが溢れても生き残ることができます。これを読めばね!

 

おヒマな方は、ぜひ。

 


 

「人間の神経科学にも詳しくなれる」という見方も出来ますが

この著者2人の神経科学者がおもしろすぎてそれどころじゃない1冊になっております。 ←

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

巨大IT企業に迫りくる「危機」とは―? 『グーグルが消える日』【書評】

  おもしろいですね~。   Follow me!

他人や、ほかのことに言い訳を作るな by 『自分のことだけ考える。』【書評】

  いい刺激になります。   Follow me!

no image

悪魔とのおしゃべり【書評】

    この本に書かれてる事が理解できるなら、 もはや怖いものはないです。   Follow me!

日本語は、美しい 『日本のことわざを心に刻む』【書評】

  昔の人のボキャブラリーの豊かさよ。   Follow me!

『最高の脳で働く方法』【書評】

  勉強になりやす。   Follow me!