さくっと「ビジネス書」

歴史を通じて疑う力を身に付ける by 『幻想の古代史』【書評】

投稿日:

 

これは鋭いw

 

幻想の古代史

日本の旧石器遺跡捏造事件、英国のピルトダウン人事件など、古今東西の詐欺事件を批判的にとりあげながら、歴史上の「ニセの謎」を排し、「真の謎」に迫る。定評ある古代史入門書。

by Amazon

「ウソばっかやん!( ´゚д゚`)」ってなる1冊です。 ←

歴史上の逸話を片っ端から疑っていきます。

 

なかなか鋭い洞察を繰り広げますが、まあよくよく考えてみれば「そりゃそうだ」ってことばっかりですね。

人間はどれだけでも錯覚する生き物なのです。「歴史のここおかしいよ!」って言われるまで気付かないなんて。

 

例えば、

  • 世界一高い山は?

「世界一高い山は?」と聞かれたら「エベレスト」と大半の方は答えますが、エベレストの高さは海抜で約8850メートルです。

山の基部から山頂までの高さで比べた場合、ハワイのマウナ・ケアの方がエベレストより1354メートルも高いのです。

この事実を知ってる人はどれくらいいるのでしょう。

 

  • アメリカを発見したのは誰か?

これも歴史上では「コロンブス」となってますが、もっと昔からインディアンが住んでおります。

じゃあ、インディアンはどこからどうやってアメリカに来たのか。それともコロンブスが発見したのはまた違う土地じゃないのか。

 

他にも

  • 壁画に描かれた「宇宙人」の真実
  • ツタンカーメンの呪いやピラミッド建設の真実
  • 「トリノの聖骸布」や「ノアの方舟」などの宗教絡みの真実などなど

マジッスカ!ほんまや!( ´゚д゚`)が連発する内容となっております。

 

ただ、歴史は残されてるものから仮説を立てるしかないので、こーゆーのはどれだけでも出て来ます。

なので、「ウソを暴く」というより「何が正しいか」ということをどのように知るのか?ということを重視した方がいいですね。

 

歴史を通じて「常識を疑うこと」を楽しく学べました!

 

結論

タイムマシンはよう( ´゚д゚`)

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

ふたつの局面の秩序を均衡させることが、偉大な政治家の神髄である by 『国際秩序』【書評】

  こーゆー「考えさせられる本」が大好きです(´∀`*)   Follow me!

no image

【書評】新しい日本人が日本と世界を変える

こーゆー類の本が大好きです。 サクッと世界を変えちゃいますかね。 新しい日本人が日本と世界を変える マスコミがなんらかの都合で報じない情報が手に入るのでこーゆー本はおすすめですね。 政治の話を熱く語り …

no image

マンガーの投資術【書評】

投資の勉強に。 マンガーの投資術 バフェットの唯一無二のパートナーとして バークシャー・ハザウェイを支えてきた伝説の投資家、 チャーリー・マンガーの珠玉の名言集。  「今日のバークシャー・ハ …

no image

【書評】人生は口説きである!

ナンパの本ではないですよ。 ヒマさえあれば自己啓発してます。 人生は口説きである! 偉人たちの名言とともに著者の経験談などで構成されてます 「伝説のトップセールスマン」と言われた口説きテクニックは目か …

怪異古生物考【書評】

  「伝説の生物」の正体とは―?   Follow me!