さくっと「小説・ノベルズ」 日記

「こころ」に正直になるということ

投稿日:

 

小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。

 

特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。

「こうきて、こうきて、こうだ!」と言うセオリーもなく、あとは「読み手にお任せする」ということが多い。だから、考えさせられる。

明治時代は、そーゆー「それは果たして正解なん?」ということを色濃く問う時代だったんだなあと感じます。

 

やはり、「人間の心」を題材にした作品がたくさんあるので、文豪それぞれの視点で「こころ」を捉えてるのが面白い。

夏目漱石さんの「こころ」は恋愛エピソードが背景にあるのですが、これもなかなか考えさせられますね。

「自分の心に正直に生きること」が「自分の人生の幸せに繋がる」と何かの本で読んで「その通りだな」とその言葉を信じて生きてきましたが、「こころ」を読んでからは「どうもこれはちょっと違うかもしれん」という気になってきました。

 

「自分の心に正直に生きること」で誰かを犠牲にしたとしても、自分は幸せに生きられるのだろうか?

 

結局、人間ですし生きてる限りは誰かに迷惑をかけてるんでしょうけどね。

「他の人のことは知らない」という完全に冷血なスタンスを取れない限り、人生に幸せを望むなんて夢のまた夢なんだろうなあとしみじみ感じております。

 

「心が人を幸せにし、心が人を生きづらくする」という当たり前の事実を深く抉る作品です。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」, 日記

執筆者:

関連記事

no image

あまりの暑さにセミが鳴きだしたのだが

風流ですなあ(´∀`*) なにも有益なことは書いてません。あしからず。 田舎の特権 私が住んでるところはとても中途半端に田舎な住宅地なのですが 目の前に神社があるのでセミの声を早めに聞ける環境だと思い …

『自由すぎる投資家のくだらない1日』 ~おれまだ生まれてな~編

  徹底的に   Follow me!

no image

夜のアウトプットははかどらない

えっちな話じゃないぞ(´・ω・`) だらだらしてますしおすし 朝方はコーヒーでもすすりながら昨夜のインプットなどをもとに思考を組み立てて 記事の内容を練ったりするのが毎日の日課で楽しいのですが いざ夜 …

あけましておめでとうございます

  新春いきなりヒマしてます。   Follow me!

バビロンの階段【小説】

  ザ・現代っ子。   Follow me!