さくっと「小説・ノベルズ」 日記

「こころ」に正直になるということ

投稿日:

 

小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。

 

特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。

「こうきて、こうきて、こうだ!」と言うセオリーもなく、あとは「読み手にお任せする」ということが多い。だから、考えさせられる。

明治時代は、そーゆー「それは果たして正解なん?」ということを色濃く問う時代だったんだなあと感じます。

 

やはり、「人間の心」を題材にした作品がたくさんあるので、文豪それぞれの視点で「こころ」を捉えてるのが面白い。

夏目漱石さんの「こころ」は恋愛エピソードが背景にあるのですが、これもなかなか考えさせられますね。

「自分の心に正直に生きること」が「自分の人生の幸せに繋がる」と何かの本で読んで「その通りだな」とその言葉を信じて生きてきましたが、「こころ」を読んでからは「どうもこれはちょっと違うかもしれん」という気になってきました。

 

「自分の心に正直に生きること」で誰かを犠牲にしたとしても、自分は幸せに生きられるのだろうか?

 

結局、人間ですし生きてる限りは誰かに迷惑をかけてるんでしょうけどね。

「他の人のことは知らない」という完全に冷血なスタンスを取れない限り、人生に幸せを望むなんて夢のまた夢なんだろうなあとしみじみ感じております。

 

「心が人を幸せにし、心が人を生きづらくする」という当たり前の事実を深く抉る作品です。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」, 日記

執筆者:

関連記事

no image

でら幸太の「がっかり人生相談室」

人生にお悩み中のあなたも私に相談して 「がっかり」してみませんか? がっかり人生相談室 こいつに相談するんじゃなかった! 何も有益なアドバイスがない!時間を無駄にした! ただ下ネタが言いたいだけじゃね …

no image

美味すぎて未だに意味のわからないもの3選

くだらないですよ。 どーやって作ってるのそれ? お店だったり、人が作った料理で「美味しい!」と思って気に入ったものは 舌の記憶だけを頼りに家で完全コピー出来るまで挑戦してます。 今までたいていの料理を …

no image

パソコンがカリカリ言い出したので

そろそろノートPCにシフトチェンジするでござる。 デスクトップだったけど もう5~6年使ってますがついにHDがイカレ始めてきたのか カリカリカリカリ言い出してうるさいのでノートPCに買い替えようかなと …

嗚呼、切なき恋物語 pt,2 『それから』【小説】

  エグイな( ´゚д゚`)   Follow me!

勉強や仕事には「ウォーミングアップ」が必要です

  準備運動ナシでいきなり突っ走ると怪我しまっせ。   Follow me!