さくっと「小説・ノベルズ」 日記

「こころ」に正直になるということ

投稿日:

 

小説は「考えさせられる」ことが多いから好きだ。

 

特に、明治時代あたりの「文豪」と呼ばれる方々の作品はどれも風変りと言うか、「現在」に比べてだけどかなり毛並みが違う。

「こうきて、こうきて、こうだ!」と言うセオリーもなく、あとは「読み手にお任せする」ということが多い。だから、考えさせられる。

明治時代は、そーゆー「それは果たして正解なん?」ということを色濃く問う時代だったんだなあと感じます。

 

やはり、「人間の心」を題材にした作品がたくさんあるので、文豪それぞれの視点で「こころ」を捉えてるのが面白い。

夏目漱石さんの「こころ」は恋愛エピソードが背景にあるのですが、これもなかなか考えさせられますね。

「自分の心に正直に生きること」が「自分の人生の幸せに繋がる」と何かの本で読んで「その通りだな」とその言葉を信じて生きてきましたが、「こころ」を読んでからは「どうもこれはちょっと違うかもしれん」という気になってきました。

 

「自分の心に正直に生きること」で誰かを犠牲にしたとしても、自分は幸せに生きられるのだろうか?

 

結局、人間ですし生きてる限りは誰かに迷惑をかけてるんでしょうけどね。

「他の人のことは知らない」という完全に冷血なスタンスを取れない限り、人生に幸せを望むなんて夢のまた夢なんだろうなあとしみじみ感じております。

 

「心が人を幸せにし、心が人を生きづらくする」という当たり前の事実を深く抉る作品です。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」, 日記

執筆者:

関連記事

no image

おにぎりセール

夜遊び中の強い味方です。 深夜2~3時帯のお供ですね。 おにぎり100円セール。 12月2日(金)~12月5日(月)までセブンイレブンで販売中の税込み160円未満のおにぎり・寿司が税込み100円に16 …

no image

気分転換

大事です。リフレッシュ。 Yahooで記事書かせて頂いてましたが最近ちょっと広告がうっとおしくなってきたのでシンプルなブログに移転しました。 以前のブログはこちら 使い方はこれからぼちぼち覚えて行こう …

現代社会を揺るがす爆弾テロ! 『バルス』【小説】

  バルス!( ´゚д゚`)   Follow me!

no image

「人混みが平気な人たち」が凄すぎる

よく我慢できますよね。 無理! お盆休み真っ只中で全国的に渋滞や人混みが凄い事になってるみたいですが 「混んでても行きたい!」という根性と言うのか、気合いと言うのか 連休が来るたびにニュースを見て感心 …

勉強や仕事には「ウォーミングアップ」が必要です

  準備運動ナシでいきなり突っ走ると怪我しまっせ。   Follow me!