さくっと「ビジネス書」

やってみたいような、やりたくないような… 『動物になって生きてみた』【書評】

投稿日:

 

「やってみた」系のノリです。

 

動物になって生きてみた

アナグマとなって森で眠り、アカシカとなって猟犬に追われみる…動物の目と鼻、耳を通して世界を見て、嗅いで、聞いてみることで、自然のなかで動物として生きるとはどういうことかを考えた。世界12カ国で刊行のニューヨークタイムズ・ベストセラー!イグ・ノーベル賞生物学賞受賞!

by Amazon

これ動画にしてYouTubeに上げたら再生回数いくんじゃねーの?

著者さんが様々な動物に「なってみる」1冊です。

 

アナグマやらキツネやらカワウソやら動物の視点になって「想像する」物語ではなく、ガチでなってみるのです。

人間とこれらの動物とは何から何まで明らかに違いますからね。

他の動物と同じくマーキングをし、他の動物の縄張りの匂いも嗅ぎ、アナグマの主食はミミズなので、もちろん…( ´゚д゚`)

 

と、まあそんな感じの内容なので、食事中に読むなんて御法度ですが実際の経験談なので次々と興味は沸いてきますね。

「動物になれたらどんな感じなんだろうな~」と1度は考えた事ありますしね~。やろうとは思わなかったけど。 ←

 

そんなおバカな「やってみた」のノリですが、きちんと生物学的な発見もあったりと面白かったです。

食事中でなければ、ぜひ。

 


 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

no image

頭がよくなる眠り方【書評】

脳の仕組みを理解するでござる。 疲れよう。とりあえず。 脳にとって眠気とは 「これ以上活動できないので 一旦シャットダウンしてメンテナンスさせて下さい」 というサインです。 脳には、オンとオフがあり …

この世は回避可能なさまざまな不幸に満ちている by 『B・ラッセル 幸福論』【哲学】

  では、その「不幸」とはなんぞや。   Follow me!

no image

「ぼくだって」が夢を生む by 「のび太」という生き方【書評】

みんなもっと のび太くんの凄さに気付くべき。 ← 「のび太」という生き方 私も以前に似たようなことを記事にしましたが いろいろ世の中のことを勉強してるとのび太君の凄さに気付いてくるのです。 関連記事: …

今後勃興するテクノロジーとの親和性を考えていかないと、日本を再興することはできません by 『日本再興戦略』【書評】

  まさにその通りですね!   Follow me!

最古の文字なのか?氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く【書評】

  絵文字や顔文字の原点を知りたくて。   Follow me!