さくっと「ビジネス書」

やってみたいような、やりたくないような… 『動物になって生きてみた』【書評】

投稿日:

 

「やってみた」系のノリです。

 

動物になって生きてみた

アナグマとなって森で眠り、アカシカとなって猟犬に追われみる…動物の目と鼻、耳を通して世界を見て、嗅いで、聞いてみることで、自然のなかで動物として生きるとはどういうことかを考えた。世界12カ国で刊行のニューヨークタイムズ・ベストセラー!イグ・ノーベル賞生物学賞受賞!

by Amazon

これ動画にしてYouTubeに上げたら再生回数いくんじゃねーの?

著者さんが様々な動物に「なってみる」1冊です。

 

アナグマやらキツネやらカワウソやら動物の視点になって「想像する」物語ではなく、ガチでなってみるのです。

人間とこれらの動物とは何から何まで明らかに違いますからね。

他の動物と同じくマーキングをし、他の動物の縄張りの匂いも嗅ぎ、アナグマの主食はミミズなので、もちろん…( ´゚д゚`)

 

と、まあそんな感じの内容なので、食事中に読むなんて御法度ですが実際の経験談なので次々と興味は沸いてきますね。

「動物になれたらどんな感じなんだろうな~」と1度は考えた事ありますしね~。やろうとは思わなかったけど。 ←

 

そんなおバカな「やってみた」のノリですが、きちんと生物学的な発見もあったりと面白かったです。

食事中でなければ、ぜひ。

 


 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

壮絶なノンフィクション! by 『メキシコ麻薬戦争』【書評】

  イギリス人ジャーナリストが追った「メキシコのリアル」です。   Follow me!

天才は、どのように天才になっていくのか 『天才!成功する人々の法則』【書評】

  ずっと読みたかったやーつ。   Follow me!

【書評】読み物としておもしろい1冊―『科学が暴く「食べてはいけない」の嘘』

  ざっくり書評。   Follow me!

no image

世界のエリートは10冊しか本を読まない【書評】

これは合理的ですね。 世界のエリートは10冊しか本を読まない 世界最高峰のハーバードで学んだ、 桁外れな結果を出す読書術!  もう、「速読」も「多読」もいらない!  サンリオ、LI …

『サラリーマンは300万で小さな会社を買いなさい』【ビジネス】

  資本家を目指しましょー!   Follow me!

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。