さくっと「ビジネス書」

本当の「仮想通貨」とは? by 『MINE』【書評】

投稿日:2018年5月28日 更新日:

 

時代は常に進んでおります。

 

マイン ついに動き出す金融革命

いま仮想通貨になにが起きているのか?
いったい「仮想通貨」というものには、何ができて、何ができないのか?
そして日本の「円」や米国の「ドル」やフィリピンの「ペソ」などにできないことは何か?
仮想通貨ならできること、仮想通貨が実現できることはどんなことなのか?

誰もが無縁ではいられない仮想通貨の未来をすべて解き明かす!

あなたの今の仮想通貨への考え方はすべて間違っている!

仮想通貨の持つポテンシャルはとても大きい。
低コストで運用ができるため、商品の売買は元より、手数料の安さ、個人間や国際間の送金など、
キャッシュレス化による利便性を様々な場面で享受することができる。
また特定の権限を持たないため、どの国にも属さない通貨を多くの人々が価値を共有し使用することで、
大小様々な価値ある経済圏が次々と世の中に生まれ、人々はそれらの経済圏を選択しながら、
いくつもの利益を享受できるようになる。
「仮想通貨が広く利用される世界」では、経済はさらに活性化し、人々の生活をより豊かにすることができる。
それを実現するのが本書の「MINE構想」であり、ジョージが「マイニング経済圏」と呼ぶものである。

by Amazon

と、いうことで「お金」は必要なくなります。という1冊ですね。

 

今の「仮想通貨」は、お金を増やす「投機」目的で利用されてるのがほとんどですが、「仮想通貨の本当の使い方はそうじゃないんだよ」ってことです。技術はどんどん進化して行ってますね~。

いよいよ働かなくても良くなります。やったね!(´∀`*)

私の夢は生涯ニートです。やりたいことや楽しみたいことが腐るほどあるからね!

 

「仕事がロボット化する」どころか、経済圏までオートメーション化しちゃうぜ!というなんとも頼もしいプロジェクトが、この「マイニング経済圏」です。

「お金が要らなくなったら、何が必要になり、時代はどうなるのか」を考えるのに良い本でした。

 

面白いプロジェクトです。ぜひ。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

gxfh

読書ノート。ついつい夢中になってしまった作品を紹介しております。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。