無駄に考察する

「幼児虐待」が無くならないのは、子育てに夢を見すぎてるから

投稿日:

 

「子供はかわいいだけじゃなく、たまらなくウザイ時がある」という現実を見ましょう。

 

「親になる」ことがどーゆーことか理解してますか?

 

こーゆー事件ちょくちょく起こってるので、対策とかどうなってるのか調べてみたら「虐待は周りの人が気付いてあげましょう」的な働きで相談センターなどが設置されてるだけでした。

これもいい加減、虐待が未だに無くならないということは無意味ってことに気付くべきでしょう。

「あの家の子供、アザとかあるけど大丈夫かな」とは思っても、他人はそこまで首を突っ込んで来ませんよ。

 

国や自治体も「対策で虐待は減ってます!」とは言え、0にしなければいけない問題なので、未だに起こってる時点で「対策」とは言えないですね。

 

今までの「幼児虐待事件」を見てみても子育てに夢を見すぎて現実を見て来なかった親が多い気がするので、実際に「絶賛イヤイヤ期」の子供の面倒をしばらく見させるとかこーゆーところの育児プログラムを学校なり家庭なり産婦人科なりで取り組んだ方がいいですね。もちろん、男性も。

こどもはかわいい時はかわいいですが、ムカつく時はムカつきます。

ワガママで全然言うこと聞かないし、泣きわめくだけで話にならない。でもかわいいからいっか。とはなりません。

虐待のスタートはまさにここなので、ここをどうにかしないと虐待は無くならないでしょう。

 

「子供の相手」はストレスが溜まる一方です。「子供はかわいい」とかどうでも良くなるくらいに。

 

自治体の監視を徹底的に厳しくするなどしても今度は育児ノイローゼが増えるだけなので、「子育てとはどーゆーことか」「子供の相手をするとどれほどのストレスがあるのか」「子供への怒りはかわいいところだけじゃ帳消しにならない」という現実をもっと見せるべきですね。

それを身をもって知ったうえで、初めて親になる権利があると思いますよ。

 

「親になる」と言うことは「爆発する危険性のあるストレスを溜める日々が10年ほど続く」ということです。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-無駄に考察する

執筆者:

関連記事

no image

「知識が増える」とかゆー謎の快感

脳内麻薬的なやつですね。 世の中知らないことだらけ なにがおもしろくて読書するかというと「知識が増える快感」がクセになるんです。 不思議に思ってることが解った瞬間とか新しい発見や新しい謎に出会った時と …

no image

とにかく、やろう

対策は、そのあと考える。 ( ´ ▽ ` )ノハーイ ←大事 あれこれ考えてたら絶対になにも出来ないので とにかく、動くそれから、考える ってのが凄い大事な時代です。 資金なんて ぼくはこーゆー事やり …

ゲノム技術に期待をよせまくる

  そして、そんな研究所に投資しまくる。   Follow me!

no image

読書は「自分探し」だ

本を読みまくれ! 「自分」はどーゆー人間? 読書の面白いところは 「この著者さん、私と同じ考え方だ!」とか 「自分の考えに自信がなかったけど、自信がついた!」などの 共感ポイントと 「そんな考え方があ …

no image

ベーシックインカム否定派と話したけど、その仕事いつまであるつもりなのさ?ってゆー記事

その人にいちいち反論してると時間の無駄なので記事にする。 よくあるやつ パソコンにしても、車にしても、家にしても1つのモノを作り出すには数えきれないほどの職種があって それぞれが仕事をしていて今の世の …