明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

これぞ「男」の読書! 『読書という荒野』【書評】

投稿日:2018年6月18日 更新日:

 

最近は見城さんにシビレております。

 

読書という荒野

適切な言葉を選べなければ、深い思考は出来ない。表現することはおろか、悩むことすら出来ない。人は言葉を獲得することによって人生を生き始める。だから読書することは重要なのだ。本は最も身近で最も安価な人生を切り拓く決定的な武器だ。

by Amazon

幻冬舎の創業者、見城徹氏による読書論です。

自身の半生を振り返りながら得た「読書」を軸とした知識や経験集ですね。

 

まあ、ざっくりと「読書がなぜ必要か」がよく解る内容となっております。

これまたざっくり言うと、「生きるために必要」なんですよ。物事を「考える」のと「考えない」とでは天と地ほどの差があるのです。

 

読書によって正確な言葉と自己検証はもたらされ、正確な言葉と自己検証によって深い思考が可能になる。

そして深い思考こそが、その人の人生を決める唯一のバックボーンになるのだ。

 

本書にもありますが、読書をしない人というのはだいたい解ります。

何かの提案に対して「ダメだ!」と否定はするものの、代案を提示しない人は読書してないですね。

これも単純に「自分的に気に入らない」という理由で否定的になってるだけで、自身は深く考えてないので解決策は持ってないのです。

 

熟考しながら適切な言葉を使って議論を戦わせ、問題を深く追及するから解決案を生み出せるのです。

だから「深い思考が出来る人」になるために、読書は必要なんですね。

 

わかりやすく逆に言えば、「薄く浅い思考しかできない人」とナメられないために必要なのです。 ←

 

 

「読書が大事だってよく言われてるけど、モチベ的に読む気にならない」人にもおすすめです。

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

シャーロック・ホームズの思考術【書評】

  これで今日からあなたも名探偵。   Follow me!

【書評】京大式DEEP THINKING 最高の思考力

  「深く考える」を考える考察です。   Follow me!

no image

安い仕事を無理矢理受けて人手不足により募集するとか負のループだぬ

ということで私はベーシックインカム賛成派です。 何それ?って聞かれたのでざっくり説明しながら思ったこと書いてくお。 ベーシックインカム 日本国民全員に毎月決まった基本所得を支給しますよ。って法案。 い …

これで「文章が劇的にウマくなる」はガチだった  『文章が劇的にウマくなる「接続詞」』【書評】

  勉強になります!   Follow me!

no image

好奇心が男をつくる by 「枯れない」男の流儀【書評】

潤いが足らないので。 自己啓発が大好きだ! 「枯れない」男の流儀 気になって読んでしまうんです。こーゆーの。「男の在り方」的な。 日々生活してますと色々な事がありまして 30年以上経っても「おれってダ …