さくっと「ビジネス書」

別に私は嫌いでも好きでもないけど気になって仕方ない『朝日ぎらい』

投稿日:2018年6月19日 更新日:

 

ざっくり感想文。

 

朝日ぎらい

「明日は今日よりずっとよくなる」。そういう希望がほんらいのリベラル。
私たちが、そう思えないのはなぜだろう。

朝日新聞に代表される戦後民主主義は、なぜ嫌われるのか。
今、日本の「リベラル」は世界基準のリベラリズムから脱落しつつある。
再び希望を取り戻すには、どうしたらいいのか?
若者が自民党を支持するワケからネトウヨの実態、リベラルの未来像まで、
世界の大潮流から読み解く、再生のための愛の劇薬処方箋!

by Amazon

世の中を勉強しようキャンペーン中です。

政治初心者の私にも解りやすくて面白い内容でした。

 

リベラルリベラル言うてますけど、それホンマにリベラルなん?

ってことって確かにありますもんね。ああ、関西弁は気にしないで下さい。

 

「自由主義」も、見方1つで右なんです。

いつの間にか傾いてしまった「リベラル」について熟考できる1冊です。

 

 

 

「朝日新聞をひたすらに攻撃する」といった内容ではありません。 ←

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

反省ある人生が心を高める by 『燃えて生きよ』【ビジネス本】

  啓発されます。   Follow me!

no image

失敗などしていない。うまくいかない方法を1万通り見つけただけだ by エジソン「白熱」のビジネスメンタル【書評】

おもしろい! 「エジソン」って言われても「発明王」と思考停止して答えるくらいだったのでよく知らなかったのですが 偉人中の偉人でした。 ← なによりも「仕事」に対する情熱や考え方が凄すぎる。 今なお現在 …

no image

【書評】AI時代に生き残る企業、淘汰される企業

「個人価値」を高めなければならない時代へようこそ。 おもしろいですね~。 AI時代に生き残る企業、淘汰される企業 こーゆー話大好き(´∀`*) ← 今後の社会の在り方を思いっきり変化させる可能性のある …

相手を知り、動きを読み、弱みを突く by 戦略の本質【書評】

  現代版「孫子の兵法」です。   Follow me!

この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた【書評】

  『われわれのフライングスタートで最も重要な部分は「知識」だ』 by ジョン・ウィンダム   Follow me!