さくっと「ビジネス書」

イノベーションを生む対話とは―? 『仕事に効くオープンダイアローグ』【書評】

投稿日:

 

ビジネスの勉強に。

 

オープンダイアローグ 世界の先端企業が実践する「対話」の新常識

「意見の不一致」が組織を強くする。異質な人、噛み合わない人、対立する人、難しい相手とも成果を共創する。最新の精神療法にもとづく、シンプルで強力なコミュニケーション。

by Amazon

  • 「対話」って大事だな!
  • イノベーションは「対話」から生まれるんだな!
  • じゃあ、その最も効率のいい方法は?

ってことが一気に学べる1冊です。

「オープンダイアローグ」とは、もともと統合失調症の患者さんに施される治療の一種で、投薬よりも「対話」の方が効果があると実証されているプログラムの一種ですね。

 

ということから解るとおり、人間の内部に一番作用するのは「対話」なのです。

「狭く深く」ではなく、「広く浅く」コミュニケーションをとることでアイデアを活性化させましょう!ってことですね。

アイデアはいつどこで湧くのかは誰にもわからないので、出来るだけ「対話が順調にいく環境」を作ることが大事なのです。

 

日本はどうしても縦社会なので、なかなかこーゆー「あなたはどう思いますか?」という「対話」がしずらい環境ですからねえ。

「上の人間に黙って従う」だけでは、組織は廃っていく一方なのです。

 

いろいろと勉強になりました。

さくっと読めるので、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

setsegre

読書ノートです。ミステリー・暗黒小説・ビジネス・経済・歴史・ライフハック・生態系の話が好きです。時々雑記。