明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「ビジネス書」

アマゾンビジネスの抜け道を探せ! 『amazon「帝国」との共存』【書評】

投稿日:

 

競合相手を知ることは大事ですよ!

 

amazon「帝国」との共存

日本がこの巨大な「帝国」に駆逐される日は近いのでしょうか――?
あるいは、彼らと共存する道は残っているのでしょうか?
今、世界におけるアマゾンが最もわかる、ビジネスパーソン必読の書です。

by Amazon

「アマゾンに出来ないことはなにか?」を考えるのに持ってこいの1冊です。

今や、国をも動かす大企業へと成長したAmazon。このまま行くとすべての実権を握るようになってもおかしくないですよね。

 

しかしながらそんな巨大企業でも、やはり「かゆい所に手が届かない」ことはあったりするのです。

天下のアマゾンと言えど、ビジネス展開での失敗例も結構あったりするということは、アマゾンにも「死角」は存在するんですね。

 

私たちの未来には、ロボットやAIだけじゃなくGAFAのような巨大企業に直接仕事を奪われる可能性の方が大きかったりします。

景気が回復する見込みもないし、巨大企業を中心に世界の変化するスピードは増す一方なので、「稼ぎ口」はいくつかのアイデアを持っておいた方が良さげです。

 

アマゾンは何をしてきて、これから何をしようとしているのか?

それが解れば、敵対しなくともアマゾンを使ったビジネスへの展開も考えられますよね。

 

個人事業の舵取りにおいて、とても参考になった1冊です。

おヒマつぶしに、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「ビジネス書」

執筆者:

関連記事

これぞ「交渉」の神髄! 『キッシンジャー 超交渉術』【書評】

  名言のオンパレードですね!   Follow me!

リスクを恐れず、結果を手にせよ 『仕事と人生を激変させるなら99.9%アウトプットを先にしなさい』【書評】

  タイトルが長い。 ←   Follow me!

心に響くのは、洗練された「1行」なのです 『解決は1行。』【書評】

  こーゆーのはいろんなシーンで使えますよね。   Follow me!

no image

【書評】正しいブスのほめ方

「何コイツ最低」的なタイトルですが そーゆー本があるんです。これがなかなか面白い! 正しいブスのほめ方。 誤解されそうなので最初にお断りしておきますが私はこの世に「ブス」と呼ばれる生物は存在してないと …

「依存症」に苦しむ人におすすめの1冊! 『僕らはそれに抵抗できない』【書評】

  すごい勉強になった。   Follow me!