明日の朝も3時起き

無駄に早起きなおじさんが暴走するブログ

さくっと「小説・ノベルズ」

【小説】胸にぐっときた!切なすぎるミステリー長篇 『落日』

投稿日:

 

良い物語ですねえ。

 

落日

新人脚本家の甲斐千尋は、新進気鋭の映画監督長谷部香から、新作の相談を受けた。

『笹塚町一家殺人事件』引きこもりの男性が高校生の妹を自宅で刺殺後、放火して両親も死に至らしめた。

15年前に起きた、判決も確定しているこの事件を手がけたいという。

笹塚町は千尋の生まれ故郷だった。

この事件を、香は何故撮りたいのか。千尋はどう向き合うのか。

”真実”とは、”救い”とは、そして、”表現する”ということは。

絶望の深淵を見た人々の祈りと再生の物語。

引用:角川春樹事務所

謎が解けたあとに「いい物語だなあ…(´∀`*)」ってなる1冊です。

まあ、殺人事件が起こってるので「良く」はないのですが。 ←

 

ミステリー小説が好きで読み慣れた人なら、なんとなく途中で「あ~そーゆーことかな~」とある程度オチに気付いてくるのですが、それはまさかのダミー。

その裏には感動の仕掛けが用意してあるのです!これはヤラレタ。

別々の人生を送っていた2人の主人公の視点から事件を追って行くのですが、「徐々に2人の人生が繋がっていた」…ってことが発覚していくのがもう読んでてひたすらに楽しいですね~!

 

そのストーリーに隠された「事件を起こした犯人の真の動機」とは!?―

 

感動しました。ひさしぶりに。

秋の夜長に、ぜひ。

 

 

 

Follow me!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-さくっと「小説・ノベルズ」

執筆者: